目次

[1]「勝てる捕手」になるために求められることとは
[2]好投手にはいかに持っているものを出してもらうか
[3]試合では点差に関わらず常に淡々と振る舞う

 昨年、アマチュア野球の最高峰・社会人で、ベストナイン捕手に輝いた東京ガスの山内佑規捕手。高校(桐蔭学園)から社会人まで、常に強豪でプレーしてきた「マスクマン」は、小学校から社会人まで、その全てで主将という、生粋のリーダーだ。

 ただ、明治大では下積みを経験し、東京ガスでもレギュラーになったのは入社3年目。山内選手は″苦労人″でもある。いかに社会人・ベストナイン捕手にたどり着いたのか―。山内選手にそれまでの歩みをうかがいながら、「勝てる捕手」になるための条件などについて教えていただきました。

 後編では「勝てる捕手」になるための条件、配球に対する考え方、そして捕手としての信念に迫ります。

【前編】「下積み生活を乗り越えて掴んだ正捕手の道」から読む

「勝てる捕手」になるために求められることとは

山内佑規捕手(東京ガス)

 明治大3年秋に神宮大会4強に、昨年は都市対抗4強に貢献した山内選手はこう言う。
「僕は「勝てる捕手」が一番いい捕手だと思います。そして「勝てる捕手」が試合に出れると思っています」

 ワンバウンドが止められないようでは「勝てる捕手」にはなれない。前述の通り、山内選手がワンバウンド捕球の練習を日課にしているのは「勝てる捕手」になるためでもある。

「勝てる捕手」になるには、他にも様々な要素があるが、山内選手はキャッチングも重要視している。ただ「ボールをストライクに見せよう、というのはあまり考えていない」という。
「そればかり、つまり、きれいに捕ることに固執しているとキャッチングも固くなりますからね。そうではなく、しっかり丁寧に捕球するように心がけています。きちんとつかむ。別の表現をするなら、ボールをポケットに入れて支える、という感じでしょうか」

 イメージ通りの捕球をするための「相棒」は、手に馴染んだミットだ。現在、山内選手が試合で使用しているミットは3年目。新品は1年かけてじっくり″信頼できる「相棒」″にしていくそうだ。加えて送球も、山内選手は「勝てる捕手」になるための大きな要素としている。自主練習では「5mくらいの距離で、フットワークを付けながらのネットスローをよくやっています」

 こうした守りに関することをクリアしなければ「勝てる捕手」になれない一方で、「勝てる捕手」になるにはバッティングも求められる。
「ベストは″守れて打てる捕手″でしょう。今の野球では、捕手も打てないと、というところもありますし…僕が昨年、社会人のベストナインになれたのも、率を残せたことを評価してもらったのだと思います」