第298回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【後編】 「前向きに取り組むことが自分のためになる」2015年04月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大切に使うグラブの秘密
[2]外野守備向上に大事な「フリーバッティング捕球」
[3] 「試せる時間がない」中でチャレンジする方法

秋山 翔吾選手インタビュー【前編】はこちらから!

 前編では今季の目標、また4月19日を終えて、パリーグ打率1位を走る打撃のメカニズムについて、用具のこだわりについて語っていただいた。後編では高く評価されている守備、走塁の意識づけ、またベストパフォーマンスを発揮するためのグラブのこだわりについて触れていく。

大切に使うグラブの秘密

秋山 翔吾選手(埼玉西武ライオンズ)

――守備や走塁について、秋山選手も進化されている部分もあると思います。

秋山 もう少しスパイクの力を借りることができるように(笑)、自分も進化しないといけないと思っています。守備に関しては前にも後ろにも対応できるように捕ってすぐ投げられるように、とっさの動きにスパイクが対応できるよう、ボールと自分がコンタクトしたときに道具の力を借りるような流れを心がけています。

――その道具という部分ではグラブですが……使い込んでいますね。

秋山 2011年に埼玉西武ライオンズに入団してからずっと試合ではこのグラブを使っています。

――このグラブを使い続けている理由はどこに?

秋山 今年は充て布とかも使っています。これは今年使いこなせるかは僕自身の課題になります。ただ、このグラブは自分でもしっくりきますし、プレーに支障が出ないものだと思っているので。紐を変えたり、いろいろなところを補強してもらったりもしてもらっているので、このまま使い続けられていますね。本当に感謝しています。

――このように用具を大切に使う思考は、横浜創学館高、八戸大(現:八戸学院大)時代もそうだったのですか?

秋山 高校・大学時代はお金もなかったですし、ある意味「使い続けるしかなかった」ですね。そして自分の性格的に「新しいものにいけない」ところがあると思うんですが……。ただ、このグラブは大きなミスが出たり、プレーに支障が出るようなら変えないといけないと思いますが、今までやってきて、ゴールデングラブ賞も1回(2013年)獲らせて頂きましたし、試合で使える状態にして頂いている以上、大事に使いたいと思っています。

――その5年目に入るグラブの特徴はどこにありますか?

秋山 「長さ」だと思います。他の外野手の方よりも二回りくらい大きいですね。指の長さが長いんですよ。

――確かに!長い!

秋山 これ以上大きくしようとは思いませんが。一回り小さいグラブも過去には試したこともありますが、この長さにやはり慣れているので。あとは小指の深さが特徴です。

――小指が深いのはなぜですか?

秋山 普通のグラブは浅い握りをイメージしていると思いますが、僕は指の長いグラブになっている分、しっかり手を入れたい。手のひらに近い感覚を考える中で、この形になりました。

このページのトップへ

【次のページ】 外野守備向上に大事な「フリーバッティング捕球」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

秋山翔吾
秋山 翔吾(あきやま・しょうご)
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 経歴:横浜創学館高―八戸大―埼玉西武ライオンズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:183センチ85キロ
  • 生年月日:1988年4月16日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第9回 小田和正さんや南こうせつさんなど..多くの著名人が高校の校歌を手掛けている!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第297回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【前編】 「打撃好調の秘訣をメカニズムの観点からを探る」 【2015年インタビュー】
第294回 埼玉西武ライオンズ 中村 剛也選手「『脱力・効率論』で目指す頂」 【2015年インタビュー】
秋山 翔吾(横浜創学館) 【選手名鑑】
横浜創学館 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー