第294回 埼玉西武ライオンズ 中村 剛也選手「『脱力・効率論』で目指す頂」2015年04月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2015年の挑戦「開幕一軍」と記した理由
[2]「めいっぱいから力を抜いていく」バッティング理論
[3]「こだわりはない」用具にあっても、主義を貫く / 「まあまあ」の先にある栄冠

 昨シーズンはチームメイトのエルネスト・メヒア一塁手と共に34本塁打を記録し、2年ぶり5度目となるパ・リーグ最多本塁打のタイトルを獲得した埼玉西武ライオンズ・中村 剛也三塁手。「おかわり君」の豪打は円熟・安定の時を迎えようとしている。

 今年は万全の体調で3年ぶりに開幕から出場を続け、現在リーグ2位の4本塁打(4月16日現在)。体調が万全なら今年もHRキングが期待される日本が誇るスラッガー。その中村選手が今年、挑戦するものとは?そのベースにある、高校球児にも大いに参考となる「脱力・効率論」も含めて検証していく。

2015年の挑戦「開幕一軍」と記した理由

中村 剛也選手(埼玉西武ライオンズ)

「開幕一軍」

 埼玉西武ライオンズ・中村 剛也三塁手が「2015年・挑戦」のテーマとして迷わず記したのはこれであった。なぜ「開幕一軍」なのか?

「僕はここ2年間、けがで開幕戦に出場できていなかったので、そこに挑戦します」

 2013年は左ひざ前十字靭帯・半月板修復手術の回復途上。昨シーズンも背中の張りにより、開幕一軍を逃した。1000試合出場・250本塁打を達成し2年ぶり本塁打王と周囲から見れば輝かしい結果も、「けがをしたことは事実ですから悔しさはそんなにないですが、まだできたと思うことはあります」。これが本音である。 

 だからこそ、順調に滑り出した2015年、「けがさえしなければ、なんとかやれる」という状況からスタートできる嬉しさと、宮崎・南郷町の陽射しをいっぱいに浴びながら、中村選手は今年もある「ルーティーン」を続けている。

このページのトップへ

【次のページ】 「めいっぱいから力を抜いていく」バッティング理論

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村剛也
中村 剛也(なかむら・たけや)
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 経歴:大阪桐蔭―埼玉西武ライオンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:175センチ102キロ
  • 生年月日:1983年8月15日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー