第294回 埼玉西武ライオンズ 中村 剛也選手「『脱力・効率論』で目指す頂」2015年04月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2015年の挑戦「開幕一軍」と記した理由
[2]「めいっぱいから力を抜いていく」バッティング理論
[3]「こだわりはない」用具にあっても、主義を貫く / 「まあまあ」の先にある栄冠

 昨シーズンはチームメイトのエルネスト・メヒア一塁手と共に34本塁打を記録し、2年ぶり5度目となるパ・リーグ最多本塁打のタイトルを獲得した埼玉西武ライオンズ・中村 剛也三塁手。「おかわり君」の豪打は円熟・安定の時を迎えようとしている。

 今年は万全の体調で3年ぶりに開幕から出場を続け、現在リーグ2位の4本塁打(4月16日現在)。体調が万全なら今年もHRキングが期待される日本が誇るスラッガー。その中村選手が今年、挑戦するものとは?そのベースにある、高校球児にも大いに参考となる「脱力・効率論」も含めて検証していく。

2015年の挑戦「開幕一軍」と記した理由

中村 剛也選手(埼玉西武ライオンズ)

「開幕一軍」

 埼玉西武ライオンズ・中村 剛也三塁手が「2015年・挑戦」のテーマとして迷わず記したのはこれであった。なぜ「開幕一軍」なのか?

「僕はここ2年間、けがで開幕戦に出場できていなかったので、そこに挑戦します」

 2013年は左ひざ前十字靭帯・半月板修復手術の回復途上。昨シーズンも背中の張りにより、開幕一軍を逃した。1000試合出場・250本塁打を達成し2年ぶり本塁打王と周囲から見れば輝かしい結果も、「けがをしたことは事実ですから悔しさはそんなにないですが、まだできたと思うことはあります」。これが本音である。 

 だからこそ、順調に滑り出した2015年、「けがさえしなければ、なんとかやれる」という状況からスタートできる嬉しさと、宮崎・南郷町の陽射しをいっぱいに浴びながら、中村選手は今年もある「ルーティーン」を続けている。

このページのトップへ

【次のページ】 「めいっぱいから力を抜いていく」バッティング理論

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村剛也
中村 剛也(なかむら・たけや)
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 経歴:大阪桐蔭―埼玉西武ライオンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:175センチ102キロ
  • 生年月日:1983年8月15日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー