第3回 第96回選手権千葉大会 ここまでの戦いを振り返る!!2014年07月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 1回戦~2回戦 中央学院がBシード・千葉明徳に逆転勝利!
[2] 3回戦~4回戦 成東がAシードを破る!
[3] 5回戦 国分が千葉経済を破り、創部初のベスト8!!
[4] ベスト8の見どころ

ベスト8の見どころ

ベスト8の見どころに迫っていきたい。

専大松戸vs木更津総合

原 嵩 (専大松戸)

 専大松戸は投打ともに順調に調子を上げており、投げてはエース原 嵩(2年)、控えながら市立船橋戦で好投した速球派右腕・金子 直登(3年)の2本柱は健在。打線では大会2本塁打の渡辺 大樹(2年)、思い切りの良い打撃を見せる稲葉 魁(3年)を中心とした打線は強力だ。
木更津総合敬愛学園戦で、逆転勝利したように終盤での粘り強さがウリ。エース千葉 貴央(2年)が復帰登板を果たし、チームの士気は上がっている。試合終盤まで何かが起こる激しい戦いが繰り広げられそうだ。

東海大浦安vs流通経済大柏

 東海大浦安はエース平川の他に、右サイドハンドの一志 亮弥(3年)が控えており、一志の出来がカギを握っているだろう。打線は長打ではなく、1点ずつ加え、守り勝つ野球。今大会好調の菅谷 岳(2年)の活躍に期待したい。
流通経済大柏は俊足巧打の諸積 怜(3年)がどれだけプレッシャーをかけられるかだろう。出塁すれば、確実に盗塁を決める技術はあるだけに、1試合でどれだけ出塁できるかが注目だ。投手陣ではエース杉浦 彰悟(3年)を温存に成功し、中2日で準々決勝を迎えられるのは大きい。1点を争う好勝負が予想されそうだ。

柏日体vs中央学院

 柏日体は投手陣の層が厚く、エース・白銀 滉大(3年)の他に常時135キロ前後の速球、落ちる球で勝負する小谷 大輝(3年)、135キロ前後の速球を投げ込む田原 一輝(3年)が控える。状況に応じてどのように使い分けるか。打線では上位下位に切れ目がなく、また次の塁を奪う意識が徹底されており、無駄のない走塁で、相手守備陣にプレッシャーを仕掛け、点を重ねてきた。4番エポドロ ジョセフ(2年)が復調すれば、さらに得点力は増すだろう。

 中央学院はエース石井 聖太(3年)の投球がカギを握る。打線は俊足巧打の張替 亨(3年)、勝負強い一打を見せる中山 裕規(2年)、打撃好調の脇坂 康平(2年)が控え、ここまで投手力のあるチームから打ち崩して勝ち進んできただけに、普段通りの実力を発揮すれば、試合序盤から激しい点の取り合いが予想される。

国分vs東海大望洋

 激戦を制した国分は連戦で強豪・東海大望洋を迎える。東海大望洋はエース宇津木 総(3年)は荒れ球を武器にする右のサイドスローで、打ち崩すのは難しく、打線は長打力のある1番鈴木 将平(3年)を中心に打線の状態は仕上がってきている。国分はエース山本 裕介(2年)、左腕の高橋 直弥(3年)が力投を見せてきたが、激戦を投げ抜いてきただけに、疲労具合が懸念材料。2人をカバーできるほどの打撃を発揮することが出来るか。

 選手層の厚さ、選手の消耗度を踏まえても、国分が不利な展開だが、5回戦同様、奇跡を起こすことが出来るのか。

 7月11日から迎えた千葉大会。ここから4日間で3試合ととてもタイトな日程になる。この激戦を勝ち抜くのはどのチームになるのか。ますます見逃せない。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

(文=河嶋 宗一


◆ 第96回千葉大会
◆ 大会日程・結果ページ 
◆ 組み合わせはこちら(千葉県高野連HPより PDF)
◆ 大会期間:7月11日~7月26日
◆ 参加校数:170校
◆ 決勝球場:QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)
◆ その他の球場:千葉県野球場青葉の森野球場習志野市秋津球場船橋市民球場市川市営国府台球場柏の葉公園野球場成田市営大谷津球場ゼットエーボールパーク(市原臨海)、袖ヶ浦市営球場長生の森野球場


第96回全国高等学校野球選手権記念大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1016回 復活の兆しを見せた専大松戸、躍進を見せ、ベスト4入りを果たした八千代松陰、市立船橋を総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1016回 決勝進出にする2チームは?市立船橋vs専大松戸、木更津総合vs八千代松陰の準決勝2試合の見所を徹底分析【大会展望・総括コラム】
第1226回 県内屈指の巧打者・青木優吾(中央学院)「優勝を目指して後輩たちに良い姿勢を見せていきたい」 【2020年インタビュー】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
市原緑・君津青葉 【高校別データ】
稲毛 【高校別データ】
大多喜 【高校別データ】
柏日体 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
君津 【高校別データ】
敬愛学園 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
渋谷幕張 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
多古 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
東海大望洋 【高校別データ】
東海大浦安 【高校別データ】
成東 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー