キャッチボールの重要性

 キャッチボールは、練習や試合の前に必ず行うかと思います。肩や股関節などの感覚を確かめながらキャッチボールを行う選手も居れば、ただ単に肩を温めるという選手など、キャッチボールを行う理由は様々です。
しかし仁志 敏久氏は、キャッチボールを投げ方・取り方という部分では野球の技術が集約された練習と語るほど、重要視していました。仁志コーチが考えるキャッチボールの重要性とは…!?動画をチェック!

『キャッチボールを行う姿勢』についておさらいしよう!

背中を丸めて行うと、腕が上がらないだけでなく、ケガにもつながる
・背中をまっすぐにする方法として、肩甲骨を背骨側に寄せるという動きがある。
・普段の動きの中から、肩甲骨を動かすことによって、どんどん柔軟になってくる!

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ