やってはいけない守備/フライ捕球の声かけ

 守備中にフライが上がった場合、誰が捕るのか指示をせず黙っていることがチームプレイの怠慢につながります。チーム全員が積極的に声を出し、プレイを盛り立てましょう。

『やってはいけない守備/フライ捕球の声かけ』についておさらいしよう!

・打球が飛んだエリアにいる選手よりも、周りから見ている選手の方が、誰が捕球すると良いかわかるため「おまえだ」と指をさし、声をかけてあげよう!
・誰が捕るのが良いのか、自分の心の中で思っているのに黙っているのはNG!
チーム全員が自分の目で判断した打球の行方を、指をさし・声に出し捕球者に指示しよう!

やってはいけない守備/構えについてもチェック!

第23回 【動画】やってはいけない守備/構え<後編>
第22回 【動画】やってはいけない守備/構え<前編>

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ