キャッチボールの重要性

 前回は、仁志 敏久氏に、「スナップスロー」や「グラブトス」の練習について紹介していただきました!今回は、キャッチボールの動作の「まとめ」について、説明していただきました!もう一度、キャッチボールのポイントを見直していきましょう。動画をチェックして、学んだキャッチボールの基礎を明日からの練習に活かしてみよう!

キャッチボールの動作をもう一度、見直そう!

キャッチボールの基本となるポイントは、
手順:
1)姿勢を良くして足を後ろに引き、軸足で立って「2つ」数える
2)足のステップの位置は、軸足の幅にステップできればOK!
大事なのは動きに合わせた投げ方や、体を大きく使えるかがポイント!

試合における「強肩選手」とは、
40メートルくらいの距離を、自分のフォームを崩さず強いボールが投げられるかどうかが大切!

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ