今回のテーマは、『ボールを取ってから早く投げる』!

 前回は、仁志 敏久氏に良いボールを投げるためのポイントについて紹介していただきました。第3回目の今回は、キャッチボール終盤に行うべきポイントとして「ボールを取ってから早く投げる」練習について紹介してくれています!
下記の動画をチェックして、早速明日からの練習に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

『キャッチボール終盤に行うべきポイント』についておさらいしよう!

【ボールを取ってから早く投げる】練習
・「踏み込んで、取って、投げる」練習を繰り返すことによってグラブの動きが小さくなり、ボールの握りかえが早くなる!
・左右両方の足で、(片足ずつ)踏み込むタイミングでボールを取って投げる練習をすることで、より実戦に活かすことができる!

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ