読書のすすめ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ2018年03月04日

■ Amazon.co.jpで購入する

書評

野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部

 日々の練習や試合など野球を通じて感じたこと、学んだことなどをそれぞれのスタイルで書き綴る「野球ノート」。選手同士や選手と指導者とのコミュニケーションをはかる一つのツールとして活用しているチームも多いと思います。「野球ノート」への取り組みから選手やチームが成長する姿を取材した「野球ノートに書いた甲子園」は5作目となり、選手をはじめ指導者や保護者など野球にたずさわる多くの方々が「野球ノート」に対する興味を持っていることがうかがえます。

今回は作新学院学院高校、北海高校、報徳学園高校、福岡大大濠高校、八王子高校、英心高校の6校が登場します。

甲子園に一番近い学校として知られている報徳学園高校は、23年にわたって野球部の監督をつとめた永田 裕治さんが2017年春に勇退されました。毎年100名を超える部員に分け隔てなく接する「全員野球」を掲げ、全員が同じ練習量を与えられることが前提となっていたといいます。全員が同じ練習量ということは一人当たりの練習時間や内容も相当密度の濃いものでなければならず、「人数が多い分、練習する機会が限られるから一球も無駄にできないという集中力を生んだと思いますよ」(P53より引用)とは正直驚きました。

 その中でイップスに苦しむエースを救うべく交換日記をはじめた永田さん。元ソフトバンクホークスの投手として活躍した近田 怜王さんは、試合中に熱中症による体調不良で入院し、その後思うようにボールが投げられなくなってしまいました。戸惑いの表情を見せる近田さんに対し、永田さんは交換日記を提案し、野球ノートにそれぞれの思いを書き連ねていくようになります。

人数が多いと一人一人に声をかけるタイミングがなかったり、思ったことを伝えられなかったりすることもあると思いますが、野球ノートというコミュニケーションツールは、エースの苦悩を推し量り、それに対して監督が時には厳しく、そして時には叱咤激励しながら、何とかチームの力として復活してもらいたいという思いを伝える場でもありました。「今思えば、ですよ。チームのためだったんだと思います。(中略)全員野球のために僕の力、僕の復活が必要だと考えたから、ノートのやり取りをしてくれていたんじゃないかな、って思うんです。いつも期待している、って書いてくれたこと、忘れないと思います」(P81より引用)。野球ノートはその役割どおり、全員野球を支える「縁の下の力持ち」となったのです。

 三重県伊勢市にある英心高校は単位制・通信制の高校で、野球部創立は2015年。中学の時は不登校だった生徒が多く、キャプテンの谷口陽一くんは「不登校になる生徒って、自分に自信がないんですよね」という。「野球経験なんてなかったけど、勇気を出して野球部に入って、そこから変わることができました。だから思うんです。僕たち英心野球部は、不登校生の代表として頑張りたいって」(P87-88より引用)。初めての公式戦は0対91で敗戦。そこから英心高校野球部員はどんなに負け続けても、一つの勝利を目指して練習に励んできました。それを支えたのが記憶を記録として残しておくための「野球ノート」です。

 自分たちのスタイルで練習内容や思ったことを書き残していくのですが、それを振り返ることで新たな発見があったり、疑問に思っていたことが解決したりということが続くと、自ずと取り組み方も真剣なものへと変化していきます。圧巻なのは女子マネージャーとしてチームに貢献していた田中 美有さんの野球ノート。練習内容や自分のことに対する反省はもちろんのこと、チームのことや選手のこと、技術的な疑問などを日々ノートに綴っていきました。選手のことを細かく見ていないと書けない内容に、監督の上村諒さんは毎回感心し、彼女に称賛の言葉を贈っています。その後英心高校はチーム全員の目標でもあった公式戦初勝利をもぎ取るのです。

 高校野球にたずさわる全ての人が「甲子園」という言葉に特別な思いがあると思いますが、それは「目標」であったり、「憧れ」であったり、「遠い夢の舞台」であったりします。「2年半の高校野球を終えたときに感じてほしいんです。(中略)野球を選んで、きつい思いもした。でも楽しい思いも、幸せな思いもあったと思う。それも含めて、野球を始めて良かったと思ってほしい」(英心高校前監督・豊田 毅さん)。すべての高校野球の現場でこうした思いを感じてほしい。そのためのツールとして「野球ノート」が多くのチームを支えているのだなと改めて思わされた一冊です。

詳しくは特設サイトをチェック!!
【野球ノートに書いた甲子園5 特設サイト】

(書評:西村 典子

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明大中野八王子vs京華【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
啓明学園vs八王子実践【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
八王子vs都立町田【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
明大中野八王子vs早稲田実業【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
都立府中西vs八王子桑志・山崎【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
英心 【高校別データ】
小樽未創 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム