人間力×高校野球

郡山ナイン

 21世紀枠選出のうたい文句か。

 「文武両道」という言葉を、頻繁に目にする。しかし、その言葉の意味とは裏腹に、実は、文武両道の真の意味を感じて実践している学校は意外と少ないのではないか。
 「文武両道」の意味は追求していけばいくほど、その言葉の意味は、実にすばらしいものなのだ。「文武両道」=進学校で野球が強いとイメージするだろうが、僕は決してそう思わない。野球でも勉強でも、培われる人間としての力は同じだというのが、「文武両道」の持つ本来の意味だと思っている。

 奈良県屈指の進学校・郡山高は、その「文武両道」を実践しているチームである。中村泰広(阪神)福田功(元中日)などのプロ野球選手だけでなく、奈良県下で、いく人もの教師がおり、幹部クラスを輩出。大手企業の幹部だって、少なくはない。

 しかし、郡山は勉強ができて、野球が強い学校というだけではない。進学校だから、文武両道を実践しているのではなく、勉強と野球の両面で、自分の持っている力を上手くリンクさせ、両面で結果を残しているチームなのだ。