人間力×高校野球

第15回 「甲子園が繋いでくれたゴミ拾い仲間」2010年12月23日

 12月のとある土曜日―――。

 校庭では全国大会出場を決めたばかりの田原本中学野球部が白球を追っている。

「俺らの時とは違って、今は秋の大会で勝つと全国大会に行けるようになったんよ」。

あるゆかりがあって集まった大人たちが練習を眺めながら、そう話している。彼らは田原本中野球部の練習を見に来たわけではない。

楽しい時を過ごすために、ここに集まって来たのだ。だが、自らが歩んできた人生の一部を、今まさに体験しようとしているグラウンドの後輩たちの姿を見ると、つい、そういう話になったのだろう。

一生懸命に白い球を追い、そこには仲間があり、またライバルもいる。それが野球の素晴らしさだと、これまでの人生で実感してきた。

 グラウンドにいる田原本中指導者への挨拶を一通り済ませると、その場に集まった6人の昭和39年生まれのメンバーは、軍手を着用し、会の始まりに備えていた。

「ほな、そろそろ、行こか」

 森島伸晃がそういうと、親友の高間誠一が持参したゴミ袋を目的種別に分けて、配っていく。 

 会は始まった。

 午後2時を少し過ぎたあたりに動き始めたこの一行は、田原本中学をスタートに、約5キロの距離を歩き、ゴミを拾い集めて行く。いつもは12月の第二土曜に飲み会をするのが通例だったこの会は「どうせ集まるんやったら、ゴミ拾いやろうや」という森島の発案で一つの行事が加わった。

 奈良県立・桜井高校で監督を務める森島とその中学時代の同級生たち―――。

そう言う方が一番、伝わりやすいかもしれない。ここにいるメンバーは森島や高間らが在籍した式下中野球部出身のものと、田原本中学野球部出身とで構成された同級生なのだ。

 奈良県の中学野球(中体連軟式野球部)では、県大会を行う前に、まず、郡市予選というのがあった。それぞれの市や郡での予選を勝ち抜いて、球場で行われる県大会に出場できるというものだ。磯城郡にある田原本中学と式下中学は、いわば、地元のライバル同士なのだが、今はそんなライバル関係もどこ吹く風で、毎年1回は集まり、旧交を温めている。

「アイツが甲子園に行ってから集まるようになった」

 とメンバーは口をそろえて言う。