人間力×高校野球

第14回 「調子の波を作らないために」2010年11月18日

 「いつものプレーができなかった」

 そんな言葉をよく耳にする。
 敗者のコメントに多く聞く言葉だが、聞きようによっては「いつものプレーができていれば勝てた」そう聞こえなくもない。

 ただ、個人的に思うのだが、重要なのは「いつものプレーができなかった」ことではなく、「いつものプレーがなぜ、できなかったのか」。ことの問題がそこにあるのではないだろうか。

 今回のテーマにしたいのは「調子の波を作らない」人間力についてである。

 今季のパ・リーグで10勝を挙げた日ハムの榊原諒が大学生時代に、こんなことを口にしていたことがある。

「調子に波があるかないかは、その人の性格だと思う」と。

 この言葉だけで意味が分かるだろうか。

 人間性が良くないとか、そういう話を榊原が伝えたいのではない。続けて、こう言っていた。

 「調子に波が出るのは日ごろの生活で、やったり、やらなかったりの波があるから。スリッパをそろえたり、そろえなかったり。授業に出たり、出なかったり。10本のダッシュをすべて一生懸命やるのか、どこかで手を抜いてしまうのか。人間に波があるから、調子に波が出てくるのだと思います」

 いつものプレーができなかったのではない。いつものプレーができない人間力に、日頃からなってしまっているのだ。

 この話は第1回のコラムでも、似たような論点で取り上げたことがある。城東工科の見戸健一監督のコメントをこう紹介した。

 「教室、野球部、家と選手には3つの顔があるけど、根本は一つ。三重人格の人間やったら、ココというときに力は発揮できない。」

 時と場合によって、行動を変える、態度を変えるということは、そこに芯がないということを意味するのだ。

 野球部の時は靴を揃えるのに、家では揃えない。でも、クラスでは揃える。

 3つの顔を日ごろから作っていれば、それが野球の中でも出てきてしまうものなのだ。たとえば、学校のグラウンドで試合をしていたのが、球場で試合をする。普通のチームと試合をしていたのが、甲子園常連校と試合をする。決勝戦、テレビ中継、スター選手との対戦…

 舞台や対戦相手が変わった時に、日ごろからの生活が影響してくる。3重人格を作っていると試合でも、いつもとは違う自分が覗いてしまうというわけだ。

 「いつものプレーができなかった」とは、実はそういうことなのではないだろうか。