人間力×高校野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第13回 興南が優勝した意味2010年09月01日

我喜屋監督(興南)

 高校野球の素晴らしさは一生懸命に取り組む、ひたむきな姿であるはずだ。

 試合終了を待たずして、ガッツポーズを作ったこと。あきらめ半分で走塁をしたこと、それがベストゲームとは、僕には思えなかったのだ。

 これも、あくまで思想の違いで、そう捉える人がいるというのも、受け入れなければいけない。しかし、大会が進むにつれても、そうした声ばかりが聞こえ、僕自身は今大会に違和感を覚えていた。それで良いものなのか、どうか、と。

 その中で、決勝戦を迎えたのである。

 決勝では周知のとおり、興南が13-1で勝った。

 興南は今大会中、一度として、得点時にガッツポーズをしていない。それだけではなく、プレーの随所できめ細やかな彼らのプレーは際立っていた。その裏付けを聞きつめていくと、日常生活にあると、ナインたちは口をそろえていた。

 遊撃手の大城からこんな話を聞いた。
「(日常生活では)細かいことに気を使ってきました。たとえば、食堂で、椅子が出ていたら、直すとか。そういうのも、プレーにつながっていると思います」。

 時間厳守、ゴミ拾い、整理整頓。興南ナインがこれまでに心がけていたことだ。我喜屋監督は言う。
「ゴミを拾うのでも、拾うことをも目的とするのではなく、自然とできるのが一番いい。見て見ぬふりをすること、これはプレーの中でも出てくることですから」。

 興南ナインは、イマドキ流行りの眉毛そりもなければ、帽子の型をつけていない。取材時の言葉づかいも丁寧で、まさに、品行方正なたち振る舞いが印象的なチームだった。

興南が優勝した意味―――。

野球だけではなく、日常生活にも力を入れる。「人間力」を高めたチームが全国制覇を果たしたという事実は、これからの高校野球界を変えてくれるだろう。

そんな気がしてならないのだ。

眉毛はそらず、帽子の型はつけず、ガッツポーズもしない。

これからの時代は、品行方正な「人間力」のある高校球児を求めている。

(文=氏原 英明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1030回 沖縄の春を徹底展望!V候補尚学、英雄戻った興南【大会展望・総括コラム】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第164回 2021年は4校の躍進に期待!沖縄の高校野球を沸かせる注目校を紹介!【高校野球コラム】
第162回 【2021年注目選手】沖縄を代表する名門・沖縄尚学・興南に現れた2人の逸材投手とは…【高校野球コラム】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
沖縄尚学vs沖縄水産【沖縄県 2020年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
具志川商vs興南【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】
コメント (1)
秋季大会 奈良2010.10.10 petsupemomo
いつも楽しみに読ませていただいております。
奈良大会も、ベスト8が明日戦うことになっています。
わが息子もそのうちの高校でプレーさせていただいています。明日は、甲子園常連高との試合で・・・ドキドキしますが・・・精一杯やってくれることを祈っています。
明日のコラム楽しみにしております。

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム