人間力×高校野球

第13回 興南が優勝した意味2010年09月01日

優勝を喜ぶ興南ナイン

 興南が春夏連覇を達成した。
沖縄県勢としては初めてとなる、夏の甲子園制覇である。

 個人的には、興南の優勝に大きな意味を感じている。

 興南の優勝―――。
その裏にあったのは、大会中に見せたエース島袋の存在感や我如古を中心とした打線の力強さだけではない。品行方正な立ち振る舞いが、果たした優勝でもある、と僕は見ている。

 僕は、このコラムやブログなどで、ひたすら、高校生の眉毛そりや帽子の型つけ、プレー中のガッツポーズについて、非難してきた。

 イマドキの高校生という見かたはしていたが、「人間力」という部分で物足りなさを感じていたからだ。

 とはいえ、これは僕個人の思想であるだけで、ごく一般的な思想ではない。それは理解しているし、自分の思想だけが何よりも正しいと、思っているわけではない。

 今の時代に、眉毛を細く整えた球児がいて、ガッツポーズを善しとする指導者がいても、それは不思議なことではないと思っている。

 あくまで思想の違いがあるだけだ。

 今大会を見ていると、そうした思想の違いが色濃く、出ていた大会だったように思う。眉毛を細く整えたドラフト候補のエースや「笑顔」をテーマにガッツポーズを推奨する伝統校の監督がいたし、一方で、広陵聖光学院のように、眉毛をいじらない、英明天理のように、ガッツポーズを禁止しているチームもあった。履正社は主将の江原ら、言葉遣いに好感を持てたチームもあった。

 仙台育英VS開星試合を今大会のベストゲームに挙げる人が多いと聞いた。これには僕自身は反対である。9回裏、二死1、2塁で仙台育英の左翼手・三瓶が見せたスーパーキャッチはそれこそ、感動に値するビッグプレーだったが、それまでがベストゲームと思えなかったからだ。

 この試合のハイライトは9回表、仙台育英の攻撃にあった。1点ビハインドで2死満塁。ここで、打者・日野は中堅フライを打ち上げたのだが、これを開星の中堅手が落球してしまい、二者が生還した。

 野球とは分からないという訓示のようなシーンだったが、このプレーで残念だったのは、中堅フライが飛んだ瞬間に、開星のエース白根はアウトを確認するまでもなくガッツポーズを作り、走者だった田中も点を仰ぎながら、走っていたというところだ。