人間力×高校野球

第12回 全員野球2010年06月18日

選手を応援する大阪桐蔭スタンド

  

 夏の本番まで1カ月を切った。
沖縄大会は明日19日に開幕を迎えるが、高校3年生にとっては、人生に一度しかない“最後の夏”がやってくる。7月に開幕を迎えるチームの多くは今が追い込みの時期であり、また、メンバー選考へ向け、最後のアピール時期でもある。大会でのベンチ入り総数は18~20名。今は、その定数を掛け、張りつめた緊張感の中での戦いを余儀なくされている。最後の力を振り絞って、一生懸命に野球に打ちこむ姿勢は、結果はどうであれ、人生を生きていく上での貴重な時間である。

 それでも、やってくる。
メンバー発表という、一大事が、である。

 

しかし、大会を戦う上で重要なのは誰がメンバーになったか、だけではない。メンバーが決まった後にこそ、それぞれのチーム力が試されるのだ。夏を戦うメンバーと、そこから漏れた選手たちがいかに気持ちを一つにできるか、そこに、高校野球における一番大切なモノが存在するのではないかと僕は思っている。

「全員野球」――。
球児たちは声をそろえて言う。非常に聞こえのいい言葉だが、大事なのはその意味がどこにあるのかである。
試合に出ている選手が、誰か一人の力で戦うのではなく、つなぎの野球を徹することが全員野球のか、
出場している選手が気持よく戦うための環境をベンチにいる選手が作ることが全員野球なのか。
メンバーに入っている選手たちだけでなく、部員全員が同じ方向を向くのが、全員野球なのか。
捉え方で意味が違ってくる。

「レギュラーになって、一生懸命やる、ベンチに入って、一生懸命に声をだすんは当たり前のこと。レギュラーに外れた中でも、一生懸命やれるかどうか、教員の一人として、お前たちの姿を見ているからな」。
そう話していたのは第90回大会で2度目となる全国の頂点に立った大阪桐蔭高の有友茂史部長である。全国制覇をする前に、聞いたコメントである。

 大阪桐蔭は「一球同心」という部訓のもとに動いている。それが定着してくるまでには時間がかかったというが、その意味を理解してからというもの、チームは変わり始めた。たとえば、夏の大会中の対戦校の偵察はメンバー外の下級生が行くのが常だったが、3年生のメンバー外が、自らの申告で行くようになった。
現メンバーが勝つために、一生懸命になって偵察することは、チームを一つにする。メンバー外の想いを感じれば、メンバーたちも自ずと力も入るというものだ。
事実、90回大会当時の大阪桐蔭ナインを取材していたとき、プレーしていた選手たちから聞こえてきたのは、「メンバー外のみんなが分析してくれた」という言葉ばかりだった。「メンバー外の力」を彼らは感じながらプレーし、頂点に立ったのである。