人間力×高校野球

第11回 日常生活を力にするためにできること  2010年05月05日

 山形中央【写真提供:宮坂 由香

  

日常生活と高校野球の関わりについては、ここのコラムで何度も書いてきた。
日常生活の強さ、弱さが、試合の中での力につながる。いわば、それが人間力だと言い続けてきたのだが、 興南高 の初優勝で幕を閉じた今年のセンバツ大会でも、そうした日常生活の取り組みを力に変えたチームがいくつかあった。そのうちのひとつが、21世紀枠で出場の山形中央高校だ。

1回戦で 日大三 と対戦し、4-14と敗れたのだが、彼らが序盤からしかけた先制攻撃には光るものがあった。1回表、3安打を放って2点を先制。準優勝を果たした 日大三 を前にしても、臆することなく試合開始から相手に向かっていたのだ。

初の甲子園出場という舞台の中でも彼らは序盤から力をいかんなく発揮した。5回表には一時、同点にするなどの健闘をみせたのだ。
なぜ、彼らにはそれができたのだろう?
試合に敗れた悔しさが充満している中、庄司監督は胸を張ってこう言った。
「日常生活から意識していたことが少しは出せたかと思います」

「少し」という部分に引っかからないわけでもなかったが、取材を進めていくと、その意味が読み取れた。奈良崎主将が、こんな話をしていた。
「日常生活でも、普段の練習からでも入り方を大切にしてきました。朝の挨拶をしっかりするとか、練習のスタートからしっかりするということですね。ずっとそれを心がけてきたので、こういう舞台でも、うまく入れたと思う」
実に奥が深い話である。
人の行動は突然、変えることはできない。普段からの癖や習慣というものは、培われていくもので、突如、変わるということはないと僕は思っている。山形中央でいえば、それが何事においても、行動を早くに起こすということであったようだ。

結果は結果として受け止めなければいけないこともある。序盤の入りは良かったものの、その後が続かなかったことは反省材料。勝つためだけに野球をやっているチームではなかったとしても、甲子園に来た以上は、勝利を目指す中で得られた反省点を持って帰ることは大切である。
庄司監督は「甲子園にもう一度帰って期待とかいう想いだけではなくて、行動を起こせるような強さを身につけたい」と、気持ちを引き締め直していた。
序盤の入りで鮮烈な戦いをみせた山形中央が、今後、どのような取り組みで、日常生活を送り、そして、甲子園に帰ってくるのか。個人的には非常に興味深く見守りたい。