人間力×高校野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 人間力とは2009年04月01日

 なぜ、あの場面であんなプレーが出るのだろうか、と感動を覚えるときがある

 たとえば、同点の9回裏、二死満塁、2―3。ボール球を投げにくい展開で、変化球をコースぎりぎりいっぱいに投げ込むピッチャー。彼にある力はどのようなものだろうかと。

 練習の賜物か? もちろん、それもあるだろう。しかし、そうした誰もが逃げだしたくなるような場面で腕を振れる。自分に自信を持てる要素とはいったいどういうものだろう。

〝人間力″
 僕はこの7年間、数多くの選手やチームを取材する中で、そうした目に見えない力が作用するということを実感してきた。

 表面にはない、人としてどうあるべきかという内面的な力が人生に生きていく。高校球児にとっては、それが野球の中に生きていく。人間力をいかに高めるかで野球選手としての本質を高めることにつながるのではないのだろうかと、僕は感じてきた。

 このコラムでは人間力と高校野球のつながりにスポットを当てていきたい。これまでに取材した、また、これから出会っていくであろう「人間力で高校野球を戦う者」たちの姿を追いかけて行こうと思う。

このページのトップへ

【次のページ】 ある指揮官との出会い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第521回 高校野球ドットコム座談会 「5季連続優勝の智辯学園に立ちはだかる実力校たち」【大会展望・総括コラム】
城東工科vs清水谷・夕陽丘【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第13回 紫と朱、天理と智辯学園の宗教校のライバル対決構図は続く(奈良県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
城東工科vs岸和田産【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第19回 【初出場】県立桜井高等学校(奈良)【第95回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
近大附vs城東工科【大阪府 2012年夏の大会 第94回選手権大阪大会】
第17回 【総決算号】高校野球から学ぶ日本人の見えないチカラ【人間力×高校野球】
東大阪大柏原vs城東工科【大阪府 2011年夏の大会 第93回大阪大会】
桜井 【高校別データ】
城東工科 【高校別データ】

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム