人間力×高校野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第9回 物事の本質を考える2009年12月27日

柔道グランドスラム東京大会【東京体育館】

  

 「締め直そう帯の緩みと心の緩み」

 「磨いた技に黒帯を、いつも心に白帯を」

 「マナーで一本」

 これは、今月に東京で開催された「柔道グランドスラム東京大会」の会場に掲げられていた断幕だ。さすがは日本の国技の一つ、柔道である。日本人の精神の一つとして、根底にあるのだろう。柔道家のお辞儀は非常に丁寧だ。静止して、頭を下げる。そうしたお辞儀が当たり前のように行われている。かといって、それが直接、日常につながっているかというと、必ずしもそうとは言えないのが彼らの課題ではあるのだが…。

 高校球児にとっての日常は授業態度であり、電車通学の道中だ。僕は、取材などで電車を使う際は、野球部の生徒がどのような態度をしているかを見るようにしている。

 そこで思うのは、目立つ高校ほど、マナーが悪く、目立たない学校ほどマナーが良い。電車は公の場だから、目立つ行動は乗車している人にとって気に障るのだ。

 そして、そうしたチームは、あまり上位進出できない。強豪私学に勝てていない。

 最近、特に気になるのが制服に野球帽を着用している選手たちだ。最近といっても、4、5年前くらいから、関西、特に僕の住む奈良県で多く見られたものだ。

【次のページ】 物事の本質を考える(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 「調子の波を作らないために」【人間力×高校野球】
第12回 全員野球【人間力×高校野球】
第11回 日常生活を力にするためにできること【人間力×高校野球】
第3回 文武両道とは【人間力×高校野球】
第1回 人間力とは【人間力×高校野球】
コメント (1)
高校球児がさわやかな訳がわかりました!!2011.10.07 こころ
中学校で部活動を指導しているものです。指導しているスポーツは、野球ではありませんが、部活動全般に通ずる内容でいつも興味深く読ませていただいています。
その競技の技術向上だけでなく、人としての礼儀・マナー・物の考え方などスポーツを通して学んでいけるように毎日の指導にあたっていますが、なかなか難しいものです。
「人間×高校野球」のコラムを毎日、1回分ずつをコピーして生徒に渡しています。真剣に読み、少しずつ心に響いているような感じがします。これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム