僕らの熱い夏

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第68回 【三年生座談会】成立学園高等学校(東東京)2012年10月01日

【目次】
[1] 甲子園初出場を決めたこの夏を振り返って
[2] 夢の舞台で感じたこと
[3] 後輩へのメッセージ
[4] 監督が語るこの夏の戦い

夢の舞台で感じたこと

▲小柳 大樹(成立学園)

――そうして、甲子園へ出場することになったのですけれども、甲子園の感想を一言、聞かせてください。

篠崎 甲子園は、レベルが高いなと思いました。確かに、自分たちも勝ち上がってきたのですけれども、相手のレベルが高いという感じがしました。アガッたというか、緊張感もありました。

見目 外から見ると冷静にやっていたかのように見えたかもしれないですけれども、緊張はしていました。それでも、守りでは冷静には出来たと思います。ただ、高目のボール球につられてしまいました。

――高目のボールにつられないというのは、実は関東一対策としてもやってきたことですよね。

見目 そうです。関東一の時も、二松学舎大附の時もその対策を練ってきたのですが、やはり甲子園では相手の投手が上だったというか、結局手が出てしまいました。

亰田 甲子園は、広かったという印象でした。それと、お客さんが多く入っていて、ビックリしました。中学の時に、テレビで開会式を見ていたこともあったのですけれど、そこに自分がいるというのは、何か不思議な感じがしていました。

小柳 ボクとしては東東京大会から通じて、一番緊張しないで出来たと思います。あの舞台で緊張して、自分のプレーが出来ないというのは、もったいないと思いましたから、勝ち負け関係なく、楽しんでやろうと思っていました。それが出来たと思います。捕手として、背中でいろいろなものを感じていました。

――甲子園の印象としては、どうでしたか。

小柳 負けたということよりも、自分としてはここまで来られて、そこでプレー出来たことがよかったなと思いました。

見目 前の試合が長くなって、待ち時間が出来てしまったのですが、相手も同じなので、準備だけは怠らないようにという気持ちでした。その時間も含めて、楽しめたんだと思っています。

▲京田 一世(成立学園)

――成立学園での3年間というか、実質野球部生活での2年半なのですが、それを振り返ってみて、苦しかったことは何でしたか。

篠崎 冬の練習がきつかったですね。朝5時45分に起床してすぐにランニング、100メートルダッシュ、50メートルダッシュ、30メートルダッシュと何本もやるんですけれども、その後にすぐに丼飯2杯を食べるんです。それが苦しかったですね。冬は、これが毎日続きました。

――それが、体作りにつながったということですよね。

篠崎 はい、そうだと思いますけれども、これでメンタル的にも強くなれたんじゃないかと思います。

見目 最後の結果がよかったので、これまでやってきたことが生きたのだと思いました。もちろん、きついこともありましたけれど、結果的にはよかったと思っています。

――見目君は栃木県から来たのだけれど、選択として成立学園へ来たことはよかったということですね。

見目 そうです。中学の時の監督さんから紹介されて、ここ(成立学園)を見に来て、最終的には自分で決めたんですけれど、いい結果が出せたと思っています。

亰田 練習はきつかったんですけれど、それを乗り越えてこられたので、今思えばすごくよかったと思っています。

小柳 練習もきつかったのですが、寮生として先輩がいるときは、いろいろ気を遣ったりということもあって、それがプレッシャーにもなっていたことがありました。練習が終わった後でも、気を抜けないなという感じでした。もちろん、3年になったら、そんなことはありませんでした。

――よかったこととしては、やはり最後に甲子園という結果が出せたということになりますか。

小柳 もちろんそうですね。

見目 結果がよければ、やはり、よかったということになります。

【次のページ】 後輩へのメッセージ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
共栄学園vs成立学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
成立学園vs都立鷺宮【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
都立雪谷vs成立学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
都立篠崎vs成立学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
世田谷学園vs成立学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第2回 第96回選手権東東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
成立学園 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム