僕らの熱い夏

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第67回 【三年生座談会】千葉市立稲毛高等学校(千葉)2012年09月26日

【目次】
[1] Aシードに勝てる予感があった千葉大会
[2] どんなことでも言い合える仲間たち
[3] 後輩たちへメッセージ

後輩たちへメッセージ




▲市立稲毛高校野球部ナイン

――最後に先輩たちの躍進を再び実現しようと燃えている後輩たちへメッセージをお願いします

川越  やっぱりあれですね。仲間同士で「なぁなぁ」になっては駄目ですね。自分でこれやりたいから、これをやるとはっきりと言った方が良いですね。自分も仲間からいろいろ言われましたし、普段から付きあって、何でも言える仲にしてほしいですね。

古橋  1年間やってきたんですけど、自分もエラーをして負けてしまったことがあって、チームに迷惑かけてきたんですけど、それでも自信を持ってやってやるべきだったと思っています。後輩たちにはミスがあっても、自信を持ってプレーしてほしいですね。

中井  野球を引退して思ったのは、自分を振り返ると、今の自分と昔の自分を見ると、ああすればよかったなと思うことが結構あって、何かが終わった時に今日の自分はどうだったんだろうなと、これはやっている時は難しいんですけど、今日の試合が終わって帰りのバスや電車の中で、今日の自分はどうだったかを、寝る前ときに、今日の練習はどうだったかを振りかえる。一日をそのまま流すではなくて、過去から学んで次につなげていってほしいなと思います。

西野  後輩たちも自分たちと同じように仲が良くて、なんでも言える仲だと思いますので、自分からとにかくどんな意見でも仲間の為に行ってほしいですね。

饗庭  自分は全力とガムシャラですね。自分は技術がなかったので、全力とガムシャラを大事にしてきました。強豪校に勝つには強豪校にないものを求めることが大事で、全力とがむしゃらは大事にしてほしいですね。

松尾  隣のヤツに絶対に練習に負けない一番の練習をする。誰にも負けない一番の練習をすることですね。

濱  勝つことですね。過程も大事ですけど、最終的には勝つことが大事なので、それに拘ってやってほしいと思います。

堀井  とにかく精神的な反省ではなくて、ミスが出たら技術的な反省もして、前は進んでいってほしいと思います。

――以上になります。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

 今回だけではなく、2006年にはシード校・成田を破り、ベスト4進出したことがある稲毛。毎年、強豪校を脅かす戦いを見せる稲毛の強さはどこから来るのか興味深かった。選手の話を聞くと自分の言葉で強く主張していて、普段の練習からお互いが指摘しあいながら高めていたことが分かる。そして大会中は常にポジティブな心境で試合に臨んでいた。今回の座談会を通して、夏の快進撃が出来るのも必然だと感じた。最後に本人のために厳しいことを遠慮なく言える友達こそが本当の「友」ということを彼らから学ばせていただいた。

(取材・構成=河嶋 宗一

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第260回 2016年の高校野球を占う【千葉編】「木更津総合の黄金期到来か?対抗勢力、注目選手を一挙紹介!」【大会展望・総括コラム】
千葉明徳vs市立稲毛【千葉県 2010年秋の大会 千葉県 ブロック予選】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム