廣戸聡一の4スタンス理論

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第11回 構えの重要性 ~しっかり立つということ~2012年02月16日

【廣戸道場 廣戸聡一先生】

 武道など、格闘技では構えの大切さを教えられます。きちんとした構えを取らないと、攻撃でも防御でも力を発揮することができないからです。

 攻めるのはイメージしやすいですが、守るのも構えは重要です。相手はとにかく思い切り攻撃してくるわけですから、それなりの準備をして、正しい体の使い方をしなければ簡単に打ち負かされてしまいます。

 正しい構えができないと正しく動けない、すなわち勝つことができない。そんな風に考えられているのです。

 この考え方は、そっくりそのまま野球にも当てはまります。投げる、打つ、守る、そして走る。どれをとっても構えは重要になってきます。ところが、意外と構えについてしっかり教えられている選手は少ないものです。そこで今回は正しく「構える」ということについてお話ししたいと思います。

 まずは守備を例に考えてみましょう。足をどかっと開いて「さあ来い、バッチ来い」とばかりに両手を挙げている様子。私はこれを構えとは呼びません。むしろお手上げ状態であり、次の動きなんてできるはずがないと思っています。構えとは重心をしかるべきとことに収め、軸をきちんとつくった状態のことです。上手い選手はバッターの動きに合わせて重心を移動させています。また、軽く足踏みをすることもあります。“守りに備える”と書くように、捕球をする以前の準備の段階が、守備おいてはとても大切なのです。

【次のページ】 構えの重要性 ~しっかり立つということ~(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小平vs都立葛西南・聖学院・都立つばさ総合・都立八丈【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
かえつ有明・都立科学技術・都立つばさ総合vs国際基督教大高【東京都 2016年春の大会 春季大会 一次予選】
東農大一vsかえつ有明・都立科学技術・都立つばさ総合【東京都 2015年春の大会 春季大会 一次予選】
都立四商vs都立つばさ総合【東京都 2013年秋の大会 東京都 秋季大会ブロック予選】
聖学院vs都立つばさ総合【東京都 2013年夏の大会 第95回選手権東東京大会】
第126回 漫画家 河野 慶 さん 【2013年インタビュー】
第15回 ぶれないコーチングが必要(2)【廣戸聡一の4スタンス理論】
第14回 ぶれないコーチングが必要【廣戸聡一の4スタンス理論】
第9回 B2タイプ打者編【君のタイプ別お手本を真似しよう!】
第8回 B1タイプ打者編【君のタイプ別お手本を真似しよう!】
第7回 A2タイプ打者編【君のタイプ別お手本を真似しよう!】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム