廣戸聡一の4スタンス理論 第5回 「軸と4スタンス理論」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第7回 プロの凄さ~カギは体幹の柔軟性~2012年01月19日

中村剛也、内川聖一両選手が打てる理由

【廣戸道場 廣戸聡一先生】

 4スタンス理論に関するお話は理解していただけたでしょうか。各タイプの体の使い方など、もっと詳しい解説もありますが、今回はこの部分に関しては省略したいと思います。正しい動きというのはひとつではなく、複数あるんだということさえ理解してもらえれば幸いです。

 今回は皆さんにもっとイメージしてもらいたいということで、一流の選手たちを取り上げながら、いろいろなお話をさせてもらいたいと思います。プロのなかでも今シーズン結果を残したあの選手、なんであの人はあんなにうまく打てるのか、コントロールよく投げられるのか…。そのあたりを私なりに解説してみたいと思います。

 2011年はご存知のように、投高打低のシーズンでした。巷では統一球の影響が大きかったと言われますが、そんななかでも打ちまくっていた選手もいます。代表的なのがソフトバンクの内川選手、そして西武のおかわり君こと、中村選手ではないでしょうか。2位に2分近い差をつけて首位打者を獲得した内川選手、20本以上の差をつけて本塁打王になった中村選手。彼らの大活躍の裏には多くの要因があるとは思いますが、私はその「体幹の使い方」に注目しました。

【次のページ】 プロの凄さ~カギは体幹の柔軟性~(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第207回 体幹の役割としなやかな動作【セルフコンディショニングのススメ】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第439回 香川県藤井高等学校(香川)「固定概念を排除する、剛なる不撓不屈」【野球部訪問】
第168回 わき腹の痛みや肉離れとその予防法について紹介!【セルフコンディショニングのススメ】
第166回 新入生が知っておきたい身体のこと【セルフコンディショニングのススメ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム