廣戸聡一の4スタンス理論 第5回 「軸と4スタンス理論」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 カンタン4スタンス診断2012年01月12日

【廣戸道場 廣戸聡一先生】

 診断方法はたくさんありますが、どこでも簡単にできるものを紹介します。4つのスタンスのうち、Aタイプ(つま先)Bタイプ(かかと)なのかを判定し、その後Ⅰタイプ(内側)なのかⅡタイプ(外側)なのかを判定します。他には「パラレル」と「クロス」のタイプを判断する診断法もあります。いくつかを試しつつ、自分がどのスタンスにあてはまるのかを確認してみてください。

 まず、個人でできる簡単な方法から。真っ直ぐに立った状態から手を肩の高さまで上げ、横に腕を伸ばします(T字)。その状態で上体をゆっくりひねってみます。動きやすさやバランスを感じましょう。

 次に手を少し下げ、45度くらいの角度になるように腕を伸ばします(A字)。同じく上体をゆっくりひねってみて、はじめの形とどちらがやりやすかったかを感じます。このときにT字の方がやりやすい人は【Aタイプ】、A字の方がやりやすい人は【Bタイプ】と診断できます。

 同様にA/Bの診断ですが、今度はひざ立ちの状態でパートナーの腕を引っぱります。まずは普通のひざ立ちから。上半身から地面に触れているひざまで、真っ直ぐ一直線になる姿勢を保ちます。ここでパートナーの手首をつかんで、ゆっくりと腕のみで引きます。力がしっかりと入り、パートナーを引くことができれば【Aタイプ】となります。次に軽くお尻を引いた形でひざ立ちになります。同じように腕を引きますが、こちらの方がやりやすい、力が入りやすいというようであれば【Bタイプ】だといえるでしょう。引く時は身体を使って引かないように、軽く引きましょう。

 続いてⅠとⅡの診断です。まず、股関節の幅くらいに足を広げて真っ直ぐ立ちます。ここから足の内側だけで体を支えるように、足の外側を地面から浮かせます。この状態で上体を左右にひねってみましょう。バランスはきちんと取れているでしょうか?次は反対に、足の外側に体重をかけて内側を浮かせます。同じように体をひねると…いかがでしょうか。内側の方がやりやすい人は【Ⅰタイプ】、外側の方がやりやすい人は【Ⅱタイプ】となるわけです。

 これこそ純粋な進歩の仕方であって、きちんと段階を踏んでいかなくてはいけません。大切なものをすっとばして上手くなろうと思っても、そこには必ずひずみが生まれてきます。こうしたことを理解したうえで、私がこれから解説することを読んでほしいと思います。

【次のページ】 カンタン4スタンス診断(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 軸と4スタンス理論【廣戸聡一の4スタンス理論】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム