保田貴史の「年間トレーニング計画」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第3回 野球は目で行うスポーツ 目のコンディションも整えよう2011年04月15日

目のコンディションは、体の動きを左右します。目をつぶってボールを捕ったり打ったりするのは非常に困難です。目は身体にとって情報の獲得源です。物や目標物を見て映し出された情報により脳が距離感や大きさ、位置、スピード等を確認しています。その情報を脳が処理し手や足に情報を送ることにより身体が動くのです。このスピードが速いと反応が速くなります。このことを運動神経が良いと表現します。

それでは、運動神経をよくするためにはどのようにすればいいのか。

(1)目の状態をよくする
(2)身体のコンディションを上げる
(3)経験値を上げる。レベルの高い「やったことのないこと」状況を経験させる
(4)成長時期にトレーニングを積む

などが挙げられます。

目とコンディション

(1)目の状態をよくする

目の状態をチェックする指標には、静視力と動体視力があります。静態視力は静物を観察する視力で、動体視力は動いている物に対して見える度合いを表す。

野球ではボールや人など動いているものを見て判断する動体視力を上げる必要があります。動体視力を上げるためには条件があり、静態視力(身体測定時の視力検査で出る数値)が0.9以上あることが最低条件となります。

多方向から情報を得るためには、目を動かす必要があります。

しかし目を動かすにも筋が関与しており、この筋の働きも重要となります。例えば右投手より、左投手が得意な右バッターは左目が内側に寄ってくるのが遅いため、あまり動かなくてもボールを追うことができます。そのため、左投手のほうが得意になりやすいのです。

【目のコンディションを上げるストレッチ】

まず相手の指にあわせて上下左右目で追う。

次に目を真ん中に寄せるエクササイズ。右打者の場合は左目の真ん中によるスピードが遅い人は右投手よりも左投手に相性が良い打者です。

最後におてだまエクササイズ。ボールを目で追いながら同時に手もつかうエクササイズ。動いているものにピントをあわせ動かす神経のトレーニングです。

手の指にあわせて上下左右目で追うストレッチ

目を真ん中に寄せるエクササイズ

おてだまエクササイズ

また、目にも休息を与えなければなりません。目の休憩とは、光が入ってこないことですから、寝るときは部屋を暗くして寝るのも目を整えるのによいでしょう

(2)身体のコンディションを上げる

目で見て脳で処理した情報は、手や足に伝わりますが筋が張っていると、情報の伝達や動きが遅くなってしまいます。しかし柔軟なだけではいけません。筋力も大きく左右します。情報がきても動くときにはパワーが必要になります。だからトレーニングも大切なのです。

【次のページ】 野球は目で行うスポーツ 目のコンディションも整えよう(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第18回 スタートダッシュを考える【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

保田貴史(ベースボールトレーナー)
  • 生年月日:1982年生まれ
  • 大学まで野球をし専門学校で基礎を習得その後大学や治療院で勤務し技術を磨いたのち現在に至る。
  • プロの選手からアマチュアの選手を指導していること野球以外の指導もしていることや自分自身がレギュラー・控え選手、裏方にコーチをした経験値を生かしトレーニング指導にあたる。
  • 形にとらわれるのではなく「トレーニング=練習」になるように動作改善・身体改善に取り組んでいます。
    見た目だけでなく内容・意味そして心を大切にし日々驀進中トレーナーです。
  • 現在、株式会社ティーエスワールド所属 内海哲也投手のパーソナルトレーナーとして活躍。WBCにも帯同。
    他、高校硬式野球部や実業団ソフトボール、大学・企業アメフトチームのトレーニング指導にあたる。。
  • トレーニングルームOPEN!
    Frextory  フレクトリー」 
    何卒よろしくお願い致します。
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

保田貴史の「年間トレーニング計画」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム