前回は、一流のプロ野球選手たちの「グラブのこだわり」について調査しましたが、第2弾は「バットのこだわり」です。打者にとってバットはまさに商売道具。選手達はバットにどのようなこだわりを持っているのでしょうか?選手たちを直撃すると、バット1つをとっても、様々なこだわりを持っていることがわかりました。プロ野球選手はこんなところまで考えているのか!と新たな発見になっていただければ幸いです。

目次

【目次】
[1]バットのこだわりポイント調査 1位、2位
[2]バットのこだわりポイント調査 3位~5位

バットのこだわりポイント調査【ランキング形式】

亀井 善行選手(読売ジャイアンツ)

<1位 グリップの太さ・細さ>

 一番多くのプロ選手から挙げられたこだわりが「グリップ」について。
読売ジャイアンツの中距離砲・亀井 善行選手には「毎シーズン、バットのグリップの部分を細くしたり太くしたりする」こだわりが。変化は数ミリ単位だそうですが、一流選手にとっては感覚の違いが大きく出る部分なので、微調整を行いながらシーズンを戦うそうです。

 また、太さにこだわりを見せる選手の中には「グリップも芯も太いです。僕は全体的に太めのものを使うので。高校時代もミドルバランスの金属バットを使用していた」と、これまでの野球人生での経験をもとに回答してくれた選手も。
逆に細いグリップを選んでいる選手からは「操作しやすいから」との意見もいただきました。

【2015年シーズン成績】

試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
亀井 善行選手 109 382 104 6 35 8 .272
  • 試合
  • 打数
  • 安打
  • 本塁打
  • 打点
  • 盗塁
  • 打率
  • 亀井 善行選手
  • 109
  • 382
  • 104
  • 6
  • 35
  • 8
  • .272

<2位 握りやすさを重視>

「握った感じでしっくりくるもの」をバットを選ぶポイントに挙げ、握った感覚を大切にするプロ選手が多かったです。東北の安打製造機・銀次選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)も「握りやすいことに加え振りやすいもの」を、とこだわりを見せました。

【2015年シーズン成績】

試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
銀次選手 82 316 95 1 36 8 .301
  • 試合
  • 打数
  • 安打
  • 本塁打
  • 打点
  • 盗塁
  • 打率
  • 銀次選手
  • 82
  • 316
  • 95
  • 1
  • 36
  • 8
  • .301

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。