第5回 「日本一、心をもった日誌」 都立小山台高校 (1) 野球ノートに書いた甲子園に掲載中!2016年05月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


【目次】
[1] 日本一練習が短いからこそノートを書く
[2] 日本一心をもった日誌に
[3] きっかけは、キャプテンからのコメント

今回は、野球ノートに書いた甲子園6の発売を記念して、「野球ノートに書いた甲子園」第一弾に登場する“都立小山台”のお話を特別に公開します!

都立小山台は、これまでに、21世紀枠で選抜大会に初出場、さらには2018年から2年連続で東東京大会決勝進出を果たしています。「野球ノートに書いた甲子園6」でも、都立小山台が再び登場しますが、実は、シリーズ第一弾でも、都立小山台の野球日誌のお話が登場しました。強さの秘密がたっぷりと詰まった話題の一作を本日より3回連載でお届けします。

日本一練習が短いからこそノートを書く

都立小山台・福嶋正信監督

 選手が選手を育てる野球日誌が、東京都立小山台高校にある。
それは、監督の福嶋 正信も意図していたわけではない。

 福嶋監督といえば、過去に都立足立工業高校、都立葛飾野高校、都立江戸川高校と赴任した先々の野球部をすべて、ベスト16以上に導いてきた敏腕監督だ。

 軟式野球部しかなかった足立工業高校では、硬式野球部をゼロから作り、指導に携わった8年間で、夏の東東京大会ベスト16入り3回。都立江戸川高校では、2001年に東東京大会ベスト4にまで導いた。

 そんな福嶋監督が野球部の指導に、日誌を取り入れたのは、2校目に赴任した都立葛飾野高校からだ。
福嶋監督自身、中学生の頃からずっと日誌をつけてきた。
大学では、陸上部に所属したが、そこでも日誌を書き続けた。あるとき、スキー実習に日誌を持参したところ、知らない間に、クラスの仲間たちがカバンから日誌を見つけ出して、みんなで読んでしまったということがあった。個人でつけていた日誌のため、他人に読まれたら、思わず赤面するような記述もたくさんあった。
それから、日誌をつけることに気が引けるようになったと、福嶋監督は笑う。

 大学卒業後、高校の教員になって、しばらく日誌から遠ざかっていたが、都立葛飾野高校に就任した際に、もう一度、日誌を書くことの重要性を見直す。
「これまで都立ながらも、なんとか結果を残し、自分の中でやり方に満足している部分があったんです。でも、都立葛飾野高校に赴任してからは、いい選手が集まった年があっても、すぐに負けてしまうことも多かった。そのときに考え方を改めて、もう一度、きちんと野球を勉強してみようって考えたんです」

 勉強会に参加するなど、野球に関係するあらゆる知識を深めていくなかで、日誌をつけることがメンタルトレーニングにもなることを知った。

「都立校というのは、練習時間も短く、グラウンドも満足に使えないことが多いんです。どんな限られた環境であっても、日常生活のなかに野球があるということを意識してほしかった。一生懸命、練習や勉強をすることで集中力がつきますし、努力する力が養える。日誌を書くこともひとつの練習です。日誌を書くためには、自分と真剣に向き合い、自分と戦わなくてはいけませんから」

 福嶋監督がいう日誌とは、出来事を記す『日記』ではなく、心を書く『日誌』だ。そんなところにも、福嶋監督のこだわりがある。
「試合に勝ったという一言を書くのではなく、どうして勝ったのか。悪かったところ、良かったところ。そしてそのなかにどういう気持ちがあったのかを書いてほしい。要は日誌を書くことによって心を育てているのです」

 次の赴任先の都立江戸川高校でも野球日誌の取り組みは続き、2001年には東東京でついにベスト4という結果を収めた。2005年に現在の都立小山台高校野球班(都立小山台高校では部活のことを班と呼ぶ)の監督に就任してからは、都立江戸川高校の選手たちが書いた日誌を見せながら、その書き方を伝えていった。

このページのトップへ

【次のページ】 日本一心をもった日誌に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小山台vs帝京【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1260回 4年ぶりの本指名となるのか?伊藤優輔(都立小山台出身)恩師の教えを胸にNPBの舞台へ駆け上がる!vol.3 【2020年インタビュー】
第1259回 リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2 【2020年インタビュー】
第1258回 最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1 【2020年インタビュー】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs早稲田【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
城北vs都立小山台【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
都立小山台vs東京実【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
都立小山台 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム