花巻東出身のエンゼルス大谷 翔平のMLBア・リーグ満票MVPで沸く中、20日8時半より花巻東(東北・岩手)が明治神宮大会初戦に臨む。打線の中心を担うのが高校通算47本塁打の佐々木 麟太郎内野手(1年)。183センチ117キロの規格外の体型に加え、高レベルの打撃技術が注目されているが、その凄さや課題について考えていきたい。

公式戦10本塁打はやはりすごい!


 佐々木の話題では必ず「練習試合を含んだ高校通算本塁打は意味があるの?」という声が挙がる。現在、プロで活躍するスラッガーは、高校時代あまり多くなくても、プロの世界で数多くの本塁打を量産している選手は多くいる。世代トップの本塁打数を打っているのに、活躍できていない選手もいる。

 ただ、高校通算73本塁打の巨人・岡本 和真内野手(智辯学園)が、巨人の歴代4番に負けないスラッガーへ成長しているのを見ると、高校通算本塁打、体格の凄さはプロでもスラッガーへ化けるひとつの要素として捉えるべきだと思える。

 佐々木はこれまで10本の公式戦本塁打をマークしている。

1年春 4本
1年夏 2本
1年秋 4本

 高卒からプロ野球のドラフトで指名されるスラッガーや、強豪大学に進学するスラッガータイプは、公式戦で10本〜15本前後打っていることが多いが、佐々木はこれを1シーズンで打ってしまうのだから恐ろしい。

 佐々木の打撃フォームには惚れ惚れする。メジャー通算762本塁打を誇るバリー・ボンズを参考にしているだけあって、重心を低く構え、体全体をしなやかに使えている。動作をしっかりと見られるトレーナーからも佐々木を絶賛する発信が多く、遠くへ飛ばす技術はこれ以上ないものを持っているのだろう。