この夏、快進撃を続け、初の甲子園出場。そしてベスト4入りの京都国際。そんな京都国際の持ち味といえば、次々と好遊撃手を輩出するところだ。曽根 海成(広島)、上野 響平(北海道日本ハム)。そして今年は武田 侑大と楽しみな遊撃手が多い。

 甲子園ベスト4で注目度が高まっている京都国際のボール回しについて紹介をしていきたい。

3種類のボール回しのポイントを解説


 キャッチボールは基本とよくいわれるが、京都国際の小牧監督はこの練習にどんな思いでやらせているのか。

 「野球の基本はキャッチボールだと思いますので、その精度を上げていく。タイミング、ポイントというのは打撃、走塁に、リズム感、タイミングを技術と共有してやっています」

 その中で気になったのはわざと落として投げるキャッチボール。これは就任して預かった選手の気質が大きく影響している。

 「普通、ボールを後逸したら、すぐに拾いにいきますよね?ただ子供の時にボール抜かれたら、弾いたら、拾いにいく習慣がなかった選手がほとんどなんです。落としたらすぐに拾いにいく練習をさせています」

 京都国際は中学時代でもそれなりに実績のある選手が入部するが、意外と大人たちがやれて当然と思う習慣ができていないことが多いのが実情だった。ワンバウンドさせながらのキャッチボールも預かった生徒たちの特徴を見たものだった。

 「捕球態勢の時に力を抜いておく練習です。捕球態勢で硬直してしまう子が多いので、投げ手もしっかりと上から叩けなければ、きれいなワンバウンドにならないので、捕球の形、スローイングの精度を高める練習になります」

 走りながらのスローイングとジャッピングスローもスローイングのコントロールを強化するために有効な手段だと説明する。

 「今の選手たちは上半身で投げてしまう選手が多い。ジャンプして、跳んでいる間に、上半身の力が抜けて、正しく体を使えて、勝手にボールが離れて、上手く投げられる。その感覚を掴む練習です」