夏の大会が真っ盛り。この大会になると、次から期待の2年生が出てきて、メモするのに必死な毎日で、今年も楽しみな2年生が多くいる。今回は2021年度で注目したい選手を紹介したい。


大型右腕・鈴木、中学時代から実績のある山田が中心か



山田 陽翔(近江)、武井 京太郎(東海大相模)、宮城 誇南(浦和学院)、鈴木 泰成(東海大菅生)

 まず投手で高い評価を受けているのが鈴木 泰成投手(東海大菅生)だろう。188センチの長身から繰り出す140キロ前半の速球は球威があり、特徴はなんといっても投手としてのスケールの大きさだ。センバツ、春季都大会で好投。世代を代表する右腕として期待がかかる。

 技巧派左腕として評価される宮城 誇南浦和学院)は1年秋から実績を残してきた。140キロ近い速球と切れのあるスライダーで春季大会で好投を見せた。投球術の上手さ、経験値の高さは、この世代でもトップクラスだろう。

 山田 陽翔近江)は中学時代から評判の速球投手で、高校野球ドットコムでも中学3年冬に取材に訪れ、その剛速球と豪快な打撃を見せてくれた。1年夏から主力投手として活躍。世代トップクラスとなる最速146キロのストレート、切れのあるスライダーを武器にする大型右腕として、3大会連続の甲子園出場を狙う。

 川原 嗣貴大阪桐蔭)投手は188センチの長身から最速144キロを誇る大型右腕で、今春の近畿大会でも2試合に先発し、好投。大阪大会でもベンチ入りし、春同様、活躍に期待がかかる。

 三浦 心空東邦)は最速144キロを誇る速球派右腕で、6月に開催された東海大相模との招待試合に登板し、無失点の好リリーフ。躍動感溢れる投球フォームから140キロ前後の速球とキレ味鋭いスライダーのコンビネーションで勝負する期待の逸材。

 奄美大島が生んだ怪腕・大野 稼頭央大島)も注目したい。今春の鹿児島県大会では樟南相手に投げ勝つなど、県3位へ。174センチと、それほど上背はあるわけではないが、全身をバランス良く使った投球フォームから投げ込む140キロ中盤の速球は威力抜群だ。この夏で140キロを超えた左腕・坂本拓己(知内)、全道大会出場はならなかった最速146キロ右腕・住吉壮野(北海道大谷室蘭)も全国的な活躍に期待がかかる。

 投手王国・千葉からも続々と好投手は出てきており、昨秋準優勝の東京学館相手に好投を見せた渥美 亮太千葉経大附)は130キロ前半ながら伸びのある快速球を投げ込み、田中 千歳東京学館)も荒削りな投球フォームから140キロを超える速球を投げ込む。森本 哲星(市立船橋)はシャープな体の使い方から最速138キロをマークした速球と切れのあるスライダーで勝負する本格派左腕だ。

 東京都は、140キロを超える速球を投げ込む渡邊 顕人都立雪谷)や、来年の東東京を代表する速球投手になりそうな加藤宇(堀越)と逸材がちらほら。星野 翔太八王子)も180センチを超える長身から140キロ前半の速球を投げ込むなど素質は高い。

 春夏連覇を狙う東海大相模はベンチ入りした2年生3投手の実力が全国レベル。武井 京太郎は出どころが見にくい投球フォームから130キロ後半の速球を投げ翻弄する技巧派左腕。求 航太郎は130キロ後半の速球と縦に落ちる変化球のコンビネーションで抑える右の本格派。また打者としての素質も高く、次々と長打を記録し、長打力が課題だった今年の東海大相模打線のキーマンとなっている。庄司 裕太は愛知県の招待試合でも好投を見せた本格派右腕で、140キロ前半の速球は逸材揃いの東海大相模投手陣の中でもトップレベルのものがある。