第162回 東京を盛り上げる都立の逸材。通算10本塁打以上の大型捕手、私学を破った好投手などタレント揃い【前編】2020年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 秋季都大会は東海大菅生の優勝で終えた。今回、ベスト16入りした都立校は都立小山台都立日野の2校だ。だが、楽しみな選手は非常に多い。そんな2校の逸材を紹介したい。

小山台の逸材を紹介!



森村輝(都立小山台)

 まず都立小山台の逸材からだ。今秋は帝京相手にコールド勝ち、日大三相手に0対1の1点差の接戦を演じた。その中で最も注目したいのは正捕手の森村 輝だ。180キロ・74キロとバランスの良い体格から力強いスイングを魅せ、高校通算15本塁打。キャッチャーとしてもフットワークが良く、矢のような二塁送球を見せる。

 福嶋監督も「上(大学)でもやっていける選手です。チームで一番足も速くて、一番肩も強い」と高く評価。近年、都立小山台の躍進もあり、入学する選手の水準も高まってきたが、野手としてはトップレベルの逸材であることは間違いない。

 エースの木暮 瞬哉投手(2年)は夏の東東京大会でも好投したサイドスロー林昌勇を参考にフォームを固め、130キロ前後のストレートをコーナーに投げ分けるさらに低めに集まる110キロ前後のスライダー武器に日大三打線を1点に抑えた都内屈指の技巧派右腕だ。

 そしてもう1人挙げたいのが三塁手・佐藤克哉。福嶋監督から「三塁・佐藤もいいですよ。結構力のあるストレートを投げるんですよ」と都大会のときに話を聞いていたが、野球部の取材で、初めて投球を見る機会があった。やはり魅力は断然、投手だ。180センチの長身から投げ込む速球は最速135キロ。佐藤の良さは縦回転で使える投球フォームだということ。上半身の使い方が非常によく、胸郭を使って、振り下ろす投球フォーム。将来的には140キロ以上を投げる可能性もあり、プロ入りした伊藤 優輔(巨人)みたいな成長を期待したい。

【次のページ】 日野の逸材を紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第168回 緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること【野球部訪問】
第156回 巨人4位・伊藤優輔の高校時代を恩師が語る「中学の実績を一切書かなかった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第124回 東海大菅生ら打倒私学に燃える都立の雄・日野を支える競争意識【野球部訪問】
第12回 「一夜漬けは絶対にしない」 都立で最も強い小山台の成績No.1のレギュラーが実践する勉強術【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
都立日野vs都立紅葉川【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
都立紅葉川vs都立日野【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
桐生第一vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
都立小山台vs日大一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
日大一vs都立小山台【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第1260回 4年ぶりの本指名となるのか?伊藤優輔(都立小山台出身)恩師の教えを胸にNPBの舞台へ駆け上がる!vol.3 【2020年インタビュー】
第1259回 リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2 【2020年インタビュー】
第1258回 最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
木暮 瞬哉(都立小山台) 【選手名鑑】
木下 孔晴(都立日野) 【選手名鑑】
島 叡司(都立日野) 【選手名鑑】
廣岡 太平(都立日野) 【選手名鑑】
森村 輝(都立小山台) 【選手名鑑】
都立小山台 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム