目次

[1]甲子園一番乗りは小畠一心、杉下海生も神宮で存在感
[2]選抜出場は難しくもチームの主力となった元U-15代表たち

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

 過去を遡ってみても、U-15日本代表の選手たちの多くは高校野球の舞台でもやはり活躍を見せる。そこで今回は、2018年の侍ジャパンU-15日本代表に選出された選手たちを振り返り、現在の高校野球での活躍を追っていきたい。

甲子園一番乗りは小畠一心、杉下海生も神宮で存在感


 高校野球の舞台で最も早く頭角を現したのは、智辯学園小畠 一心(住之江ヤング出身)だ。
 U-15日本代表では多くの試合でクリーンナップを任されるなど、主に打者として活躍した印象が強かったが、高校野球ではここまで投手としての起用がメイン。エースではないながらも春先から実戦経験を積んでいき、夏には甲子園のマウンドも経験。この秋も投手陣の一角として、近畿大会ベスト4に大きく貢献した。
 元々は投打で評判の高かった選手だけに、今後は打者としての活躍も期待できる。

 また天理の明治神宮大会準優勝に貢献した、杉下 海生(泉佐野シニア出身)の活躍も鮮烈だった。新チームから正遊撃手として定着し、打線でも小技やミート力を武器に2番や下位打線で味のあるプレーを披露。フットワークの良さや安定したスローイングは出色で、出場が予想される選抜甲子園でのプレーも非常に楽しみだ。



天理の明治神宮大会準優勝に貢献した杉下海生

 中学時代の知名度は、世代でもトップクラスであった池田 陵真(忠岡ボーイズ出身)は、大阪桐蔭の1番に定着した。秋季近畿地区大会では15打数5安打2打点の成績を残して、チームの準優勝に貢献。大阪桐蔭もまた、選抜甲子園への出場が濃厚と目されているだけに、池田の全国デビューが今から待ち遠しい。

 そして同じく大阪桐蔭竹中 勇登(倉敷ビガーズ出身)も、投手陣の一角として登板機会を掴んでいる。秋季近畿地区大会では、リリーフとして準決勝、決勝と重要な2試合に登板。層の厚い大阪桐蔭の投手陣の中で奮闘中だ。

 また、代表選手の中でも数少ない技巧派左腕であった秋山 恭平(筑後サザンホークス出身)は、広島新庄で背番号10ながら今やエース格の活躍を見せている。秋季中国地区大会では準決勝までの3試合すべてで完投し、中でも準決勝の倉敷商戦では敗れたものの延長11回を投げきった。
 選抜甲子園への出場は当落線上だが、その戦いぶりから出場が有力の声もあり、甲子園で秋山の姿を見ることが出来るのか注目だ。