第90回 決勝ではU-18代表の林優樹と投げ合い!プロ注目・吉田力聖(光泉)の魅力2019年09月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

決勝では近江・林優樹と投手戦に



吉田力聖(光泉)

 ゆったりとしたフォームから最速144㎞/hのストレートを投げる本格派右腕。変化球はスライダー、カットボール、カーブ、フォークを操る。力のあるストレートを主体にカットボールやフォークで三振を奪うのが主なピッチングスタイル。ストレートで見逃し三振が取れるのも強みだ。

 中学時代の指導者が古澤和樹監督の大学時代の後輩だった縁もあり、光泉に進学。2年春からエースとなった。2年秋は3回戦で滋賀学園に敗れたが、1失点完投の好投を見せる。今年の春先は右肘の炎症で1試合の登板に留まったものの、夏には復調。6試合中5試合に登板して、17年ぶりの決勝進出に大きく貢献した。

 決勝の近江戦ではU-18代表の林 優樹とハイレベルな投げ合いを披露。8回に1点を許して、あと一歩で甲子園を逃したが、実力をいかんなく発揮した。

 進路については春の段階からプロ志望を明言しており、9月5日にプロ志望届を提出した。光泉にはこれまでプロに進んだ選手はおらず、吉田には同校初のプロ入りが期待されている。

(文=馬場 遼)

関連記事はこちらから
進化のカギは貪欲さと責任感!144キロ右腕・吉田力聖(光泉)の転換期【前編】
最新テクノロジーの導入と奥川恭伸との出会い 吉田力聖(光泉)が達成したい3つの目標【後編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江vs草津東【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
近江vs光泉カトリック【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
光泉カトリックvs北大津【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
吉田 力聖(光泉) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
光泉 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム