目次

[1]脳振盪(のうしんとう)とは
[2]脳振盪後の対応


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 すっかり春らしい気候になりました。5月の連休中は練習試合や公式戦など実践的な練習を行うチームも多いと思います。試合中のアクシデントは前回でもお話をしましたが、今回は特に注意したい脳振盪(のうしんとう)について話をしてみたいと思います。脳振盪は見た目にはわかりにくく、選手も一時的な症状がおさまれば試合に戻りたいと思うかもしれませんが、時間とともに重篤な症状を引き起こすこともあるので注意しなければならないものです。今回は皆さんに脳振盪についてより深く知ってもらいたいと思います。

脳振盪(のうしんとう)とは


 脳振盪(脳震盪とも表現します)とは、頭頸部や体に大きな衝撃を受けた直後に起こる一過性の神経機能障害のことをいいます。ボールなどが直接ヘルメットや頭部、顔面などに当たる場合だけではなく、フェンスなどに直接ぶつかって体を強く打ちつけたときに、頭が激しく揺れ動かされると起こることがあります。脳振盪は頭や首周辺部だけではなく、体に大きな衝撃を受けた際にも起こる可能性があることを覚えておきましょう。

 脳は頭蓋骨という硬い器の中で守られています。頭蓋骨内部は髄液で満たされていて、その中に脳がおさまっている状態です。例えてみると硬い器(=頭蓋骨)の中に水(=髄液)があり、その中に浮いている豆腐のようにもろいものが脳であると想像してみてください。頭や体に大きな衝撃が加わって硬い器(=脳)が大きく揺さぶられると、その中で浮いている豆腐(=脳)もまた大きく揺さぶられます。その結果、脳の機能が一時的に低下し、さまざまな症状が現われることがあります。

【よく見られる症状】
●頭痛や「頭が重い」「頭がボーッとする」といった訴え
●めまい・ふらつき・気分が悪い・吐き気
●目がチカチカする等の視覚異常
●感情の変化(不安感など)
●睡眠障害(寝つけない、やたらと眠い等)
●記憶障害(健忘症)
●意識の喪失(短期または長期)

 これらの症状は脳の機能が一時的に低下したことによるものと考えられ、脳振盪を起こしている可能性があります。脳振盪を起こした、または疑いのある選手はプレーをやめて当日の競技復帰は見送るようにしましょう。選手は「大丈夫です」とプレーの続行を希望することも多いのですが、脳振盪は見た目にわからないものです。脳振盪を疑う症状が現われているときにそのままプレーを続けると、脳浮腫(のうふしゅ:繰り返し外力が加わることよって脳が急激に腫れてしまう)や脳出血の一つである急性硬膜外血腫などさらに重篤な症状を引き起こす場合があります。指導者や周囲の人は必ずプレーを止めること、また衝撃を受けた後に頭や首が激しく痛むとき、体が思うように動かせないときなどは迷わず救急車を要請しましょう。

 トレーナーなどの専門家は最新の脳振盪評価ツールであるSCAT5、などを用いて評価することができます。指導者の方もぜひ参考にしてください。

参考動画)SCAT5(ハイパフォーマンスセンター・脳振盪の啓発コンテンツより)
https://www.youtube.com/watch?v=-zcr23DLUbA