第225回 熱中症が疑われるときの応急対応はどうすればいい?2019年07月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]熱中症の病態を知ろう!
[2]熱射病が疑われるときはとにかく体を冷やす!

熱射病が疑われるときはとにかく体を冷やす!



熱射病ではとにかく体を冷やすこと。ホースを使って全身に水をかける手段を覚えておこう。

 最新の日本スポーツ協会の熱中症予防ガイドブック(2019年5月に改訂)では、スポーツ現場の身体冷却法として最も効果的なものから順に、
●氷水に全身を浸して冷却する「氷水浴/冷水浴法」
●水道につないだホースで全身に水をかけ続ける「水道水散布法」
●氷のうや氷水などを使い、太い血管を中心に冷やす従来の冷却法
を挙げています。実際のグランドでバスタブなど氷風呂が準備できない場合は、ホースで水道水を全身にかけながら冷却する水道水散布法を勧めています。従来、応急処置の基本とされていた氷のうや氷などを使った冷却法は体を冷やすのに時間がかかることから、緊急事態においては氷水浴、水道水散布法ができない場合の第三の選択肢となります。この場合でも涼しい室内に運び、エアコンを最強に設定し、扇風機も併用した上で氷水の洗面器やバケツで濡らしたタオルなどありとあらゆるものを使って体を冷やすことが求められます。

 熱射病の場合、体温をすみやかに39℃まで下げることができるかどうかが予後を左右すると言われています。この場合の体温測定は「直腸温」が唯一信頼できるものであり、残念ながら腋窩や舌下での体温測定は全身のモニタリングとしては不十分であると断言しています。ただし、直腸温の測定ができない場合でも、熱射病が疑われる場合には全身の冷却をためらうことなく行いましょう。このときは熱射病が疑われる選手が「寒い」と訴えても続けます。現場で可能な方法を組み合わせて身体冷却を行い、救急隊の到着を待つようにしましょう。

 参考ページ)熱中症の病型と救急処置(日本スポーツ協会)

熱中症が疑われるときの応急対応

・熱中症は暑さによって生じる体調不良の総称。「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の4病態がある。
・熱疲労の状態でプレーを続けていると、さらに進行して熱射病を起こすことがある。
・軽度の意識障害を含め、判断に迷うときは熱射病としてすみやかに対応する。
・熱射病はとにかく「早く」「全身を冷やす」ことが生命を守ることにつながる。
・スポーツ現場の身体冷却法として「氷水浴/冷水浴法」「水道水散布法」をまず行う。
・熱中症時の体温測定として唯一信頼できるものが直腸温。腋窩や舌下での測定は体の状態をモニタリングするには不十分。

(文=西村 典子

次回コラム公開は7月31日を予定しております。

関連記事はこちらから
夏のパフォーマンスを支える飲み物とは
暑熱馴化とセルフコンディショニング
試合のパフォーマンスを支える補食

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第234回 オフシーズン中に見直したい!「肩のゆるみ」や「肩の不安感」【セルフコンディショニングのススメ】
第233回 腰痛と体幹トレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第232回 トレーニングの習慣と年間計画【セルフコンディショニングのススメ】
第231回 運動連鎖とエクササイズの種類【セルフコンディショニングのススメ】
第230回 運動後の内臓疲労をカバーしよう【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム