第223回 試合期とトレーニングプログラムの変化2019年06月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]夏の大会まで残りあとわずか!トレーニングプログラムについて考えよう
[2]試合期とトレーニングプログラムの変化

試合期とトレーニングプログラムの変化



試合でよりよいパフォーマンスを引き出すためにトレーニングを活用しよう。

●公式戦のときはどうするのか
 トーナメント戦は負けたら終わりの一発勝負。心身のコンディションを一番良い状態に持っていくことがまず優先されます。トレーニングについては疲労回復を助ける一つの選択肢として、軽負荷もしくは自重などで体を動かし、アクティブレストとして活用することが望ましいと言えるでしょう。体全体を鍛えるというよりは、負荷を使ったアクティブストレッチとしての役割を担うことになります。

 試合直後であればクールダウンとしてのジョギングやストレッチなどで血流をよくし、疲労回復を促すようにします。試合の翌日であればウォームアップの中に敏捷性、バランス能力などの体力要素を養うようなエクササイズを組み込んでおくと、野球に必要な動きづくりに役立ちます。

 トレーニングといってもすべてが重いものを持ち上げるというものではなく、軽いものであったり、自分の体重をコントロールすることであったりとその方法はさまざまです。試合の時期であっても負荷設定やタイミング、エクササイズの選択などで筋力をはじめとする体力レベルを維持し、体のコンディションを整えることが大切です。いよいよ間近に迫った夏の大会に向けて、トレーニングをより良いコンディションづくりに役立ててくださいね。

【試合期とトレーニングプログラムの変化】
●トレーニングの目的を再確認。パフォーマンス向上とケガ予防。
●トレーニングをやめてしまうと筋力はゆるやかに低下する。
●筋肉痛をさけるためには「筋収縮のパターン」「負荷設定」「行うタイミング」を考慮する。
●トレーニング頻度の目安としては週2〜3回=筋力向上、週1回=筋力維持
●試合期間はトレーニングをアクティブレストやウォームアップに活用する。
●より良いコンディションで試合に臨めるようにトレーニングを行う。

(文=西村 典子

次回コラム公開は6月30日を予定しております。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第36回 3年間で全国制覇3度。京葉ボーイズが「勝利」と「育成」を両立させた3つの取り組み【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム