第204回 肘の痛みと肘の靱帯手術であるトミー・ジョン手術2018年10月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投球過多による肘の痛み
[2]肘の靱帯を再建するトミー・ジョン手術とは

肘の靱帯を再建するトミー・ジョン手術とは



高校野球ができる期間は限られているのでケガによる長期離脱はなるべく避けたい。

 肘の内側側副靱帯を傷めてしまった場合、まずは投球動作を中止し、専門家の指導の下にリハビリテーションを実施することがまず優先されます。ところが完全に断裂している場合や、長い競技人生を考えたときには傷んだ靱帯の代わりに新たな靱帯を再建する靱帯再建術を選択することもあります。一般的にトミー・ジョン手術と呼ばれるこの方法は、いくつかある靱帯再建術の一つですが、最近では肘の靱帯再建術そのものを指していることも多いようです。

 手術では傷んだ内側側副靱帯を切除し、同側の前腕部にある長掌筋腱(ちょうしょうきんけん)を取り出してこれを肘に移植し、内側側副靱帯として機能するように固定します。靱帯として機能するために、手術後はある程度固定期間が必要であり、その後のリハビリテーションなどを経て競技復帰する目安としては半年~1年ほどかかると言われています。

高校野球ができる期間は短い

 肘の内側側副靱帯を傷めてしまった場合、最終的に手術という選択肢をとることもありますが、高校野球という限られた期間の中で1年にわたってプレーができないという状況はなるべく避けたいところです。ごくまれに一度の投球動作によって靱帯を断裂することもありますが、肘の靱帯を傷めるケースの大半は、痛みを我慢しながらプレーを続けてきた結果、修復できないところまで靱帯を傷めてしまったものです。手術にいたる前段階で肘に異変を感じたら投球動作を中止して医療機関を受診することや、リハビリテーションの指導を受けること、痛みが残った状態でムリにプレーを続けないことなどを理解しておきましょう。

【肘の痛みとトミー・ジョン手術】
●投げすぎは肘を傷める原因の一つ
●靱帯は骨と骨とをつなぎとめる役割をもつ
●投球動作の繰り返しによって肘の内側の靱帯は引き伸ばされる
●靱帯が伸ばされると関節の動揺性が高まる(グラグラ感)
●トミー・ジョン手術とは肘の内側側副靱帯再建術の一つ
●手術後の競技復帰には時間がかかるため、なるべくその前に対策をとろう

(文=西村 典子

次回コラム公開は11月15日を予定しております。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第242回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム