第203回 ケガを長引かせないようにする2018年10月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ケガの状態を正しく把握する
[2]ケガの修復に必要な栄養素はとれていますか

ケガの修復に必要な栄養素はとれていますか



欠食せずキチンと朝食をとることもケガを長引かせないコツ

 時間の経過とともにケガをした部位も元の状態へと戻ろうとしますが、このときに適切な食事をとっているかどうかでも回復の程度に差が見られるようになります。「骨折をしたときにカルシウムをとる」ということを聞いたことがあるかもしれませんが、たとえば骨折であればカルシウムだけではなく、カルシウムを骨に定着させるために必要なタンパク質や他のミネラル分などをバランス良くとることが大切になってきます。

 このようにケガをしたときは組織の修復に必要な栄養素が不足していないかを確認しましょう。まずは栄養バランスのとれた食事を心がけ、必要に応じてタンパク質などを多めにとるようにします。ケガをした状態で朝食を抜いてしまうと、必要なエネルギー源や栄養素も不足しがちになりますので「朝食を欠食しない」ことはケガを長引かせないために必要不可欠な習慣であることを理解しておきましょう。

睡眠不足はコンディション不良の元

 もう一つ心がけてもらいたいことが十分な睡眠時間の確保です。睡眠不足におちいってしまうと傷ついた細胞修復に必要な成長ホルモンや、肉体的・精神的なストレスからの回復が遅れ、結果としてケガが長引いてしまうことにもつながります。また睡眠不足のまま生活をすることは集中力の欠如や体のもつ免疫力を下げ、風邪などの感染症にかかりやすくなったり、新たなケガをしてしまうリスクも高まります。夜遅くまでスマホをのぞきこんでいたり、テレビを見ていたりという生活習慣を改め、「寝ることももケガを長引かせないためのリハビリテーションである」と理解し、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 ケガが長引く要因はケガの程度だけではなく、さまざまな生活習慣によっても左右されます。できるだけ早く競技復帰するためにも、トレーニング・栄養・休養の3要素をしっかりとチェックした上で、リハビリテーションなどに取り組むようにしましょう。

【ケガを長引かせないようにする】
●ケガの状態を正しく把握することがまず大切
●「やっていいこと」と「避けておくこと」をしっかりメモしておこう
●患部外トレーニングは早期競技復帰に欠かせないものの一つ
●ケガをした組織を修復するために必要な栄養素をバランス良くとろう
●欠食はもってのほか。三食しっかり食べるようにする。
●睡眠不足もケガを長引かせる要因の一つ。寝ることも競技復帰には欠かせない。

(文=西村 典子

次回コラム公開は10月31日を予定しております。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第246回 部活動と感染予防の両立【セルフコンディショニングのススメ】
第245回 野球選手らしい体つき【セルフコンディショニングのススメ】
第244回 心拍数とランニング強度を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第243回 日常生活のマネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第242回 練習再開について気をつけること【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム