トーナメント表
明治神宮大会の組み合わせ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 高校の部
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 大学の部

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 明治神宮大会(18日開幕)の大学の部には、来年、再来年のドラフト候補が多くいる。

 投手では、右サイドから常時140キロ後半の速球を投げ込む名城大(北陸・東海三連盟)・松本 凌人投手(3年=神戸国際大附)、最速で150キロ前半の速球を持つ大阪商業大(関西五第1代表)・上田 大河投手(3年=大阪商業大高)の投球の完成度は高い。

 明治大(東京六)には春秋でリーグ優勝に貢献した3年生の2枚看板がいる。ここぞという場面で140キロ後半の速球と切れ味鋭い変化球を投げ込む蒔田 稔投手(3年=九州学院)と、直球こそ140キロ前半だが、変化球の切れ味が鋭く、コーナーにきっちりと投げ分ける投球が光る村田 賢一投手(3年=春日部共栄)には、安定感、頼もしさがある。

 左腕では國学院大(東都)・武内 夏暉投手(3年=八幡南)も見逃せない。今年の秋季リーグ戦で4勝を挙げて、MVPを獲得。制球力が高い上に、140キロ後半もたたき出すようになり、完成度の高さはピカイチ。あまり騒がれていないが、全国舞台で好投を見せれば、一気に評価が上がる可能性がある。

 野手では、世代屈指のスラッガーである明治大・上田 希由翔内野手(3年=愛知産大三河)は東京六大学通算6本塁打、通算打率.301をマークする左の強打者。大学日本代表も経験し、格の違いを見せることができるか。

 大学日本代表にも選ばれた上武大(関東五第1代表)・進藤 勇也捕手(3年=筑陽学園)は横浜市長杯でも特大本塁打を放ち、世代屈指の強肩強打の捕手として楽しみな存在だ。また、進藤と同じく大学日本代表の選考合宿に参加した関西大(関西五第2代表)・有馬 諒捕手(3年=近江)もディフェンス力の高さは光るものがあり、打力も年々伸びてきている。神宮大会でどれだけアピールできるか。

 大学日本代表にも選ばれた仙台大(東北三)・辻本 倫太郎内野手(3年=北海)は23年の大学球界を代表する遊撃手として評価が高い。國學院大相手に攻守でアピールできるか。

 2年生にも逸材が多く、広陵コンビが熱い。

 すでに東京六大学で通算61安打を記録している明治大・宗山 塁内野手(2年=広陵)は24年のドラフトでは1位候補に挙がるかもしれないショートストップだ。また、大阪商業大の2年生スラッガー・渡部 聖弥外野手(2年=広陵)はこの秋、連盟記録となる5本塁打を放った。

 来年、再来年のドラフト候補をチェックするには、見どころのある今回の明治大神宮大会。最後まで見離すことができない。

(文=河嶋 宗一