目次

[1]名将率いる岐阜第一が悲願を狙う
[2]春は準決勝で出場辞退だった中京も逸材揃い

トーナメント表
岐阜大会の組み合わせ

全国の日程・結果一覧
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 ここ数年の岐阜県は昨年春夏連続出場を果たした県立岐阜商と今春のセンバツ出場校大垣日大。3年前の夏の甲子園に旧校名中京学院大中京で甲子園ベスト4となっている中京。さらに、今春の県大会優勝校で昨秋も3位校で東海大会に出場している岐阜第一の4校が安定して上位校となっている。この夏も、この4校が中心となっていくことは間違いない。これに、春に県岐阜商を下している帝京可児市立岐阜商大垣商などが上位を窺いそうだ。そんな岐阜大会を組み合わせから展望してみた。

 岐阜大会は、ベスト4までの組み合わせが決まって、準決勝以降は再抽選ということになる。

名将率いる岐阜第一が悲願を狙う



岐阜第一・古川 晴翔

 春季大会で優勝した岐阜第一は、福知山成美で何度も甲子園出場を果たしている田所孝二監督が就任して7年。そろそろ、岐阜で甲子園出場を果たしたいところであろう。昨年も春は準優勝、秋は3位と安定している。そして、今春は悲願の優勝を果たして、東海大会でも準優勝だった。秋のエース弘川 泰暉が肘の故障で離脱していた間に古川 晴翔が成長したのも大きい。元々は内野手だった中島 嵐に、その名の通り後ろの抑えとして投げる後守 叡らで春を戦ったが、これに加えて弘川が復調してきたのは大きい。初戦の相手は岐阜各務野だ。名門岐阜益田清風などもいる。

 このゾーンでは、岐阜聖徳学園がもう一つのシード校だ。岐阜聖徳は打力に自信を持っている。その初戦の相手は、19年秋の3位校大垣西で、好試合が期待できそう。

 準優勝の大垣日大は初戦の相手が美濃加茂となった。大垣日大はセンバツ出場時の五島 幹士 山田 渓太の左右の柱に加えて、昨夏は1番を背負っていた183センチの左腕三松 将也が復調してきたのは大きい。連戦を考えると、阪口 慶三監督としても心強いだろう。美濃加茂は、春はコロナの影響で出場辞退となってしまったが、昨秋はベスト8と力はあるだけに、大垣日大の初戦は大変興味深い。

 反対のヤマでは春は準々決勝で帝京可児に屈した県立岐阜商がいる。2年連続出場を狙う県立岐阜商は、エース井上 悠が最速147キロを表示し、打線の中心伊藤 颯希も好調だ。大垣日大との準々決勝までの道のりでは曽我 憲伸、西堀 空らの打線に定評のある東濃実、竹田 悠将投手が丁寧な投球をする岐阜総合学園あたりが来そうだ。

 昨秋は準々決勝で、今春は準決勝で大垣日大に共に0対1で敗れたが第一シード権を得た帝京可児。力は、安定していると言えよう。左腕山岡 航大と小柄な右腕ながら最速144キロを記録している鈴木 孝介の両投手の継投で勝ち上がっていくのがパターンとなっている。佐野 琉斗と安積 杏汰の中軸も長打力があり、この前にいかに走者を溜めていかれるかがカギとなりそう。春季大会で県立岐阜商に快勝したのも自信になっているはずだ。準々決勝までには機動力のある関商工麗澤瑞浪あたりが相手となりそうだ。