目次

[1]八千代松陰のブロックはどこがシードを勝ち取るのか?
[2]習志野、専大松戸も同ブロック

県大会のトーナメント表
県大会の組み合わせ

出場校一覧
千葉県大会出場48校の顔ぶれ

 夏の戦国千葉を勝ち上がるためにも重要な春季大会。シード権をかけて実力校同士が激突する。さらに2019年以来の有観客開催ということで、千葉がさらに面白くなるポイントについてブロック別で解説していきたい。まずは木更津総合八千代松陰などトーナメント表左側のブロックについて紹介したい。

 センバツでも素晴らしい戦いを見せ、夏も千葉をリードしていくであろう木更津総合はシードとなり、2回戦から登場。1回でも勝利すれば、Cシード以上は確定となる。

八千代松陰のブロックはどこがシードを勝ち取るのか?



森陽生(八千代松陰)、糠谷翔大(中央学院)

 木更津総合は現有戦力の底上げが課題となるだろう。エース・越井 颯一郎投手(3年)は全国でもトップレベルの好投手。木更津総合はこれまで、センバツに出場した時は、エースの登板は少なくなる傾向にある。センバツでも好投を見せた金本 琉瑚投手(3年)、秋季大会からリリーフ、先発投手として登板することになった金綱 伸悟投手(3年)の2人が中心。またそれ以外の投手陣の起用もありそうだ。

 なるべく早めにリードし、優位に持っていくことが必要となる。打線はU-18代表1次候補にも選ばれた山田 隼外野手(3年)、2年生スラッガー・水野 岳斗外野手を中心に圧倒できるか。初戦の相手は東葛飾松戸馬橋の勝者と対戦する。

 同ブロックの注目は実力公立校・四街道。135キロ右腕・鶴岡 汰一投手(3年)は直球の回転数が2200と、130キロ台の速球を投げる投手としては、高数値。投打に実力が高い選手が揃っており、ダークホース候補として期待がかかる。

 八千代松陰中央学院志学館が集まったブロックも熾烈だ。志学館中央学院が初戦から激突。中央学院は昨秋、出遅れがあり、敗者復活戦で敗退したものの、一冬越えて戦力を整備してきた。エース・糠谷 翔大投手(3年)は130キロ後半の速球と切れのあるスライダーでゲームメイクできる。八千代松陰は3年連続で夏ベスト4以上を経験。昨秋もベスト4入りし、試合運びも高度。エース・森 陽生投手(3年)は130キロ中盤〜後半の速球とスライダー、カーブをテンポよく投げ込む。

 このうちCシードを獲得できるのは1校しかないため、大会序盤の注目ポイントになるのではないだろうか。また同ブロックには強打者・ゲアハート 大雅外野手(3年)が牽引する東京学館船橋。近年、バランスが取れた野球で勝ち進む日大習志野、実力をつけつつある我孫子などの注目校が多い。