あわせて読みたい
北海道の149キロ左腕、群馬の二刀流、関東の常連校の大型選手など選抜を逃した逸材たち【東日本編】
ヤクルト村上の弟、近江の二刀流、関西地区の大型選手などセンバツを逃した逸材たち【西日本編】

 1月28日、センバツ出場32校が決まった。それ以外の約3800校が夏へ向けてスタートを切っているが、惜しくもセンバツを逃した逸材たちは全国に多数いる。今回は逸材紹介の西日本編をお届けしたい。

 センバツを逃した学校の中で、西日本から取り上げるなら、近江(滋賀)の山田 陽翔投手(2年)の名前がまず浮かぶ。昨夏の甲子園ではベスト4入り。投げては145キロ前後をマークし、打者としても本塁打を量産するなど勝負強さは一級品。肘の故障から復帰し、この春の県大会から投打で大暴れしてくれそうだ。

 昨夏甲子園優勝、智辯和歌山(和歌山)の武元 一輝投手(2年)は、140キロ後半の速球を投げ込み、長打力も抜群の二刀流プレーヤー。リードする渡部 海捕手(2年)にも注目が集まる。

 昨年、春夏で甲子園に出場した神戸国際大附(兵庫)の楠本 晴紀投手(2年)は、140キロを超える速球が持ち味。この世代では貴重な大型左腕で、圧倒的な球威を見せつけていきたい。

 俊敏な守備が持ち味で、昨夏の甲子園でも快打連発だった山里 宝内野手(2年)も進化に期待がかかる。

 昨秋中国大会ベスト4、岡山学芸館(岡山)の宇地原 丈智内野手(2年)も、堅守巧打のショートストップとして注目が集まる。

 四国地区の補欠校に選ばれた明徳義塾(高知)の変則左腕・吉村 優聖歩投手(2年)は昨秋の四国大会では、19イニングを投げ、4失点と好成績を挙げた。春以降、どんな進化を見せるか楽しみだ。

 高校通算44本塁打のスラッガー・浅野 翔吾外野手(高松商)も春の県大会からマークされる存在だろう。

 九州地区では飯塚(福岡)の191センチの大型右腕・白浜 快起投手(2年)の進化に期待がかかる。現在の最速は145キロ。今年はどれくらいパワーアップをしているのか注目だ。

 ヤクルトのスラッガー・村上 宗隆内野手(九州学院出身)の弟で、九州学院(熊本)の主将でもある村上 慶太内野手(2年)は、構えも体格も兄にそっくりで、春の活躍が楽しみだ。昨年秋の九州大会で、優勝した九州国際大付(福岡)と唯一接戦を演じ、打線は全国レベルと評価を高めた鹿児島城西(鹿児島)には、3番・池野 航太外野手(1年)、4番・藤田 剛外野手(2年)、5番・明瀬 諒介内野手(1年)と強打者がいる。

 最後に紹介したいのは興南(沖縄)の盛島 稜大捕手(2年)。185センチ、93キロと恵まれた体格から鋭い打球を飛ばし、さらに二塁送球も2秒を切るスローイングを見せる。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。