この夏の東海4県は、静岡県立岐阜商愛工大名電三重といった全国的にもその名をよく知られている、それぞれの県を引っ張っている学校が代表となった。春のセンバツ大会も、ベスト4に進出した中京大中京と戦前からの伝統校でもある県立岐阜商という常連校が出場。さらに静岡県からは初めての21世紀枠代表校として、三島南が出場してフレッシュな印象も与えたということもあったが、総じて伝統もある有力校が、その評判通りの結果を残した年だったと言えよう。

 静岡県では県立校での指揮官の異動も多かった年だったが、その中で最大の注目だった静岡は池田 新之介監督が就任早々で甲子園出場を果たした。近年私学勢が優勢となってきた静岡県の中で、静岡をはじめとして公立校勢が健闘した。掛川西も春は県大会準優勝して2位校で出場した東海大会で優勝した。夏もベスト4進出するなど復活の兆しを示した。他にも、富士市立島田商も夏の静岡大会でベスト8に残るなど、公立伝統校の活躍が光った年でもあった。

 愛知県は享栄の復活によって、改めて私学4強の力を感じさせられることとなった。そこに加えて春季県大会でベスト4に割って入った星城や秋季大会準優勝の至学館、同3位校の中部大春日丘といった、私学勢の次なる勢力の躍進が注目に値した。こうして私学有力校と公立校との力の差がますます顕著になっていきそうな構図は否定できないというのは現実ではあった。それでも、そんな中で夏は大府がベスト4にまで進出して、久しぶりに公立の雄として強い大府の存在を見せてくれたのは高く評価していいであろう。