11月21日、明治神宮大会の第4試合は國學院大vs仙台大の一戦だ。今回はこの試合に臨む精鋭4年生野手4名を紹介したい。

関連記事はこちらから!
通算47本塁打のスラッガー、九州、広島の怪童、大阪桐蔭史上最高左腕など神宮をわかせる4人の1年生たち
西日本に超高校級捕手が2名。スラッガー揃いの明秀日立など神宮をわかせる逸材野手たち
大阪桐蔭2年生トリオ、クラークの2枚看板など明治神宮大会でブレイクを狙う好投手たち

國學院大vs仙台大


【國學院大】
福永 奨(4年・横浜)オリックス3位
オリックスから指名を受けた強肩巧打の捕手で、大学4年春秋ともに攻守で充実した内容で評価を上げた。今度はチーム優勝のために攻守で大暴れする姿を期待したい。

山本ダンテ武蔵(4年・大阪桐蔭
春に二冠王、大学選手権でも本塁打を放ち、スラッガーとして評価を挙げた山本ダンテ選手。二度目の全国舞台でも爆発に期待がかかる。

川村 啓真(4年・日本文理)埼玉西武育成4位
埼玉西武から育成枠指名を受けたが総合力は支配下になってもおかしくない。守備力や春には首位打者となったバットコントロール、脚力の高さと隙がないプレーヤー。

【仙台大】
川村 友斗(4年・北海)福岡ソフトバンク育成2位
仙台六大学野球連盟では数多くの打撃タイトルを獲得した川村。その打撃技術の高さはとても育成枠で指名された選手とは思えない。

(記事:河嶋 宗一