明治神宮野球大会2日目。大学の部は慶應大、國學院大などが登場する。今回は慶應大vs東農大オホーツク北海道から注目選手を紹介したい。

関連記事はこちらから!
通算47本塁打のスラッガー、九州、広島の怪童、大阪桐蔭史上最高左腕など神宮をわかせる4人の1年生たち
西日本に超高校級捕手が2名。スラッガー揃いの明秀日立など神宮をわかせる逸材野手たち
大阪桐蔭2年生トリオ、クラークの2枚看板など明治神宮大会でブレイクを狙う好投手たち

慶應大vs東農大オホーツク北海道


【東農大オホーツク】

伊藤茉央(3年・喜多方
 好投手揃いのオホーツクだが、投手の中心は伊藤。サイドスローから最速148キロのストレートに加え、多彩な変化球で打者を翻弄し、新人賞、最優秀投手賞、最高殊勲選手賞獲得した。

古間木大登(4年・遠軽
 下級生時代から注目を浴びていた大型捕手。広角に打ち分けることができ、チャンス時のバッティングは打率が良い。2塁送球は最速1.85秒で、堅実な守備が魅力。

【慶應大】

正木 智也(4年・慶應義塾
 福岡ソフトバンク2位の正木はリーグ通算10本塁打、大学選手権でも活躍を見せた大型スラッガーだ。秋のリーグ戦では不調だったが、復調して、格の違いを見せてくれることを期待したい。

福井 章吾(4年・大阪桐蔭
 ザ・キャプテンとして注目された福井も学生ラストの大会となる。攻守としてチームを牽引する姿を見せてくれることを期待したい。

森田 晃介(4年・慶應義塾
 慶應のエースとして引っ張ってきた好投手。完成度の高い投球で勝利に導く。

増居 翔太(3年・彦根東
 1年から着実に実績を重ねてきた技巧派左腕。切れのあるストレートを内外角に投げ分け、翻弄する投球を期待。

生井 惇己(3年・慶應義塾
 生井は今季防御率1.86と抜群の安定感を示した左の速球派。140キロ後半の速球で圧倒する。

廣瀬 隆太(2年・慶應義塾
 2年生ながらその長打力は大学生トップクラス。ここまでリーグ通算6本塁打と順調に本塁打を重ねている。

(記事:河嶋 宗一