いよいよ11月20日から第52回明治神宮大会が始まる。前回は高校の部の逸材を紹介させていただいたが、今回は大学の部の逸材を紹介したい。

関連記事はこちらから!
通算47本塁打のスラッガー、九州、広島の怪童、大阪桐蔭史上最高左腕など神宮をわかせる4人の1年生たち
西日本に超高校級捕手が2名。スラッガー揃いの明秀日立など神宮をわかせる逸材野手たち
大阪桐蔭2年生トリオ、クラークの2枚看板など明治神宮大会でブレイクを狙う好投手たち

神奈川大vs龍谷大


 上武大相手にサヨナラ勝ちを収めた神奈川大。投打ともに戦力は充実している。

 梶原 昂希選手(大分雄城台出身-横浜DeNA6位)。神奈川大を代表する大型外野手として注目を浴びる大型外野手。外野守備でも軽快な動きを見せ、バックホームでも、低く、軽く投げてもダイレクト、もしくはワンバウンド送球ができている。本指名を受けた総合力の高さを発揮できるか注目したい。

 川合 勇気(3年・掛川西)は140キロ中盤の速球、切れ味鋭いスライダーを投げ込む大型右腕だ。最速150キロ右腕の神野 竜速(3年・西武台千葉)も能力が非常に高い右腕。神宮大会でも快投に期待がかかる。

 土井 克也(3年・唐津商)は唐津商時代から注目を浴びていた大型捕手だ。1.8秒台のスローイングに加え、大学生トップクラスの長打力を誇る。この上武大戦のサヨナラホームランは甘く入ったカットボールを逃さず打ち込んだ読みの鋭さと打撃技術の高さは見事だった。

 土井 翔太(1年・郡山)は郡山高校時代からプロ注目捕手として注目されてきた逸材。大学の舞台に進んでも、能力を発揮。強肩強打と、鋭いスイングと巧みなリードでチームを引っ張る存在だ。

 中澤 嶺(2年・比叡山)は秋のリーグ戦ではリーグトップの勝利数でベストナインを獲得。左腕からキレのあるストレートと変化球を武器に三振を量産。伊藤 岳斗(2年・磐田東)はリーグ戦では最優秀選手賞、関西選手権では最優秀投手賞を獲得した153キロ右腕として注目されている。強気のピッチングでチームに勝利を呼び込む。

 そして内倉 一冴(2年)は履正社高校時代の甲子園優勝経験を活かし、堅実な守備、巧みなバットコントロールでチームをけん引した。

(記事:河嶋 宗一