関東大会準々決勝では、群馬2位の健大高崎以外、全て1位校が勝ち上がった。そんな準々決勝の見どころを紹介したい。

山梨学院vs白鴎大足利



 どちらもコールドで勝ち上がってきた。山梨学院のエース・榎谷 礼央は今大会で自己最速の143キロをマーク。120キロ後半の縦横のスライダーも交え、初戦では5.1回を投げて5奪三振の快投を見せた。完成度も高く、今大会屈指の投手として前評判通りの投球を見せていきたい。

 打線も強打の1番・鈴木 斗偉、高校通算19本塁打の相澤 秀光、チームで最も本塁打を放っている岩田 悠聖、1年生スラッガー・高橋 海翔と能力が高い選手を揃え、守備では吉田監督の評価も上がっている捕手・佐仲 大輝や、遊撃手・進藤 天も良い。

 白鷗大足利は強打と機動力で勝負する。ミート力が高い2番中島 空大に加え、5番林 虎之介と、長打力のある3番阿部 快俐と、上位に打力が高い選手を揃える。投げては斎藤 祥汰が120キロ後半の速球と、縦スライダーを使い、打たせて取る投球が持ち味。山梨学院打線相手に、どこまで耐えられるか。

浦和学院vs桐生第一




高山維月(浦和学院)、北村流音(桐生第一)

 浦和学院のエース・宮城 誇南は初戦で変化球の精度の甘さが課題となったが、準々決勝まで改善できれば、直球がコンスタントに130キロ後半〜140キロ前後まで速くなっているだけに楽しみ。打線は初戦で本塁打を放った高山 維月、投手・遊撃手で活躍する二刀流・金田 優太や、4番に座る鍋倉 和弘など強打者が揃う。

 桐生第一はエースの北村 流音の投球が鍵となる。直球は常時140キロ前後で、スライダー、フォーク系の変化球を操り、攻略は困難。打線も強打者の提箸 優雅三塚 琉生など打力が高い選手を揃える。