昨秋の県大会は三重が優勝し、東海大会はベスト4。しかし春は1回戦敗退で、その三重を下した津商が優勝。津田学園が準優勝を果たしている。安定した実績を残したのは秋も春もベスト4に残った海星松阪商か。これらに、実績のあるいなべ総合菰野がどう絡んでくるのか混戦が予想される。

 64チームが参加の三重大会は、きれいに16チームずつのヤマが4つ均等に出来た。混戦と言われている三重大会を組み合わせに基づいて展望していこう。

好投手揃える津田学園


 海星から津田学園までの32校のゾーンでは、3回戦で当たりそうな海星宇治山田商が注目カードだ。混戦の三重大会にあって、秋春ともにベスト4に進出した海星。機動力を絡めた攻撃野球は新しい形の海星戦術となっている。山崎泰幹君、水本晴陽君、水谷光希君らの継投もカギとなりそうだ。海星には2回戦で春のベスト8鈴鹿が挑んできそうだ。伝統の宇治山田商は、ここで勝てば勢いに乗りそうだ。その勝者と当りそうなのは松阪工松阪四日市工に春のベスト8で勢いのある暁と高田あたりか。高田はタテの変化球のいい岩本諒太君、茂知野翔耶君の長打力なども見どころだ。

 津田学園のヤマでは3回戦で近大高専との対戦が予想される。津田学園はスピードのある窪田 勇成君と182㎝の長身右腕の上野隼希君、下手投げの越智晴也君と岩永空登君もおり投手の駒は豊富だ。この勝者にぶつかると予想されるのは、宇治山田四日市の伝統校か皇學館あたりだろうか。

 準決勝ではシードの海星津田学園が当たる可能性は高そうだが、夏は何が起こるかわからないので、予断は許されない。