目次

[1]Aブロックの展望
[2]Bブロックの展望

 コロナ禍により、沖縄県は緊急事態宣言が出された。それにより昨年同様部活動も禁止となる。県は6月の20日をメドにし、それ以降は様子を見る考えだ。当初23日から開幕を見込んでいた沖縄県高等学校野球連盟は、開幕日を7月3日へと延期。他の都道府県と違い、夏の大会では一貫して土日開催を続けてきた沖縄県だが今年は平日開催もやむなしとなる。

 昨年の夏はシード4校のうち、日本ウェルネス沖縄だけがベスト4。他のシード校に加え、興南沖縄尚学も早々に姿を消した。練習不足という壁や練習試合にも乏しい中では、いかに強豪校と言えども蓋を開けてみないと分からないのが監督さんたちの本音だろう。それを踏まえながら、今夏の展望を見ていこうと思う。

後編はこちらから!
興南、沖縄水産、日本ウェルネス沖縄など強豪揃うブロックを制すのは?沖縄大会展望【後編】

Aブロックの展望


 昨年秋の準優勝時点では、正直なところ力不足感が見られた具志川商だったが秋の九州地区高校野球大会での一勝が彼らを変えた。

 熊本東海大星翔との一戦で2点を先制された具志川商。しかしその裏すぐに2点を返し同点とすると、2回と5回にも1点ずつを奪う。投げては2回以降立ち直った新川 俊介が初回の失点のみに抑え見事完投した。それが選抜高等学校野球大会での一勝になり、去った春の九州地区高校野球大会優勝に繋がった。現時点で間違いなく東の横綱であり、当然のごとく優勝候補筆頭である。

 具志川商の強みは投打のバランスにも見られる。エース新川 俊介だけでなく、九州で好投を見せた田崎陽誠、山田 極登や伊波 勢加と他の投手陣も実力を発揮した。攻撃では大城 勢武太新川 俊介狩俣 伊吹と長打力、勝負強さに秀でる打者がズラリ。それに加え、マークされても誰もが走ってくる機動力と隙が無い。もう一人の監督として、ナインからの信頼が厚い粟国 陸斗主将の存在がさらにチーム組織力を高める。このブロックでは頭一つどころか、二つも三つも抜けている具志川商。長年沖縄の高校野球をみてきたが、敗れる姿が想像出来ないチームは久しぶりだ。

 そんな具志川商ストップ一番手として名を挙げそうなのが、秋春四強の与勝沖縄工。ダークホースは、このブロック一の好カードとなる北谷知念の勝者。那覇商嘉手納美来工科那覇工読谷はとにかく良い形で勝利し波に乗れば面白い展開となるだろう。