4月3日から開幕する春季東京都大会。今年は一次予選が中止となったため、都大会に出場した64チームが出場する。今年も例年通り、ベスト16に進出したチームが夏のシード権を獲得する。

 今年は都大会を盛り上げるであろう逸材14名を紹介したい。こちらは映像付きで紹介をしている。


大会展望はこちらから!
東海大菅生の独走に待ったをかけるのは?春の都大会を徹底展望!

市川 祐関東一)…昨秋ベスト4。さらにノーヒットノーランも達成した右の本格派。

初谷 健心関東一)…関東一仕込みの走塁と守備。さらに強打も魅力の都内屈指の遊撃手。

武藤 闘夢帝京)…俊敏な動きで次々とアウトを演出。守備力ならば都内屈指の遊撃手。

床枝 魁斗修徳)…178センチ84キロと恵まれた体格から140キロを超える直球と切れ味鋭いスライダーを投げ込む右腕だ。

佐藤大空(修徳)…昨年の早稲田実業戦で攻守で躍動。自慢のフルスイングで長打を量産する。

星野 翔太八王子)…新2年生ながら140キロ台の直球を投げ込む本格派右腕。

甲斐 一馬郁文館)…松井裕樹を彷彿とさせる本格派左腕。

郭家樺(郁文館)…台湾からの留学生。抜群の身体能力を武器にするアスリート型外野手。

岩田 侑真日大二)…スローイングタイム1.8秒台の強肩、強打を武器にベスト8に導いた好捕手。

杉山 大知日大二)…昨秋の都大会で2本塁打をマークした強打の核弾頭。

松本 哲郎(大森学園)…投げては130キロ後半、打っても巧打が持ち味の強肩巧打の捕手。

半田 夢叶(大森学園)…捕手、遊撃を兼ねるセンス抜群のプレイヤー。

小暮 瞬哉(都立小山台)…昨秋、帝京打線を翻弄した右のサイドハンド。

大塚 孔明都立富士森)…飛距離は遊撃手の比嘉宇基を超えるといわれる右のスラッガー。さらに強肩も光る。



関連記事
令和初のセンバツは東海大相模が優勝!精鋭揃いのベストナインを発表!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名