昨年に続いて1位校として出場する学校が3校。昨年もこの大会で優勝を争った愛知の中京大中京、岐阜の県立岐阜商と昨秋ベスト4の静岡県の藤枝明誠だ。この3校に三重県1位の三重を軸とした戦いになっていきそうだ。

圧倒的な強さを見せる中京大中京が軸になるか


 地元1位の三重に挑むのは大垣商至学館の勝者となるが、愛知県3位の至学館は、戦いながらチーム力を上げていくタイプ。名古屋地区予選から県大会を通じて、徐々にチーム力を充実させてきたが、この大会でも最も波乱を起こしそうな存在だ。

 県大会準決勝では中京大中京に力負けしたが、「確実に力の差は縮まっているという実感はある」と、麻王義之監督は十分な手ごたえを感じている。「どことやっても接戦、終盤までもつれ込んだらこっちのペース」という野球は健在だ。

 夏のチームのような投手の柱がいないだけに、継投となっていくであろうが、例年のように様々なタイプの投手が打者の打ち気を巧みに外していくのが至学館の投手陣の特徴。

 大垣商の打線が、それにどこまで対応していかれるのかというところも見どころになろう。その勝者と戦う三重は、受けて立つと足元を救われかねない。

 三重は、夏の独自大会では初戦で桑名西に敗退と不本意な結果だっただけに、秋季県大会は引き締め直して挑んで1位となった。昨秋の大会後に復帰した沖田展男監督としても、この秋にかける思いは強いであろう。

 昨秋の王者中京大中京は、前年のチームほどの分厚い戦力ではないがこの秋は戦いながら力をつけていき県大会を制したのはさすがだった。県大会を通じて安定感を増していったエース畔柳 亨丞君を中心に、しっかりとしたチームとしてまとまってきた。

 圧倒的な強さを示した前チームを受けての新チームは、スタートの秋季大会では名古屋市地区予選では二次トーナメントでは星城に破れるなどで必ずしも絶対的強さではなかった。しかし、「先輩たちが残してくれたいいものを受け継ぎ、自分たちのやれることを、選手個々がそれぞれに見極めながら吸収していってくれた」と、高橋源一郎監督が言うように、試合を重ねていくうちに、チームとしてのまとまりも上がっていった。

 このあたりは、やはり全国屈指の名門校と言っていいであろう。

 こうして、前チームとはまた違った形でつないでいく野球に徹底していかれるチームとして成長していっている。